赤玉土は園芸やガーデニングの主流の土

”夢の一戸建て”を満喫して1ヶ月、「そろそろやるか」と重い腰を動かして外構(庭造り)に手を付け始めました。と言ってもチビの手を引きながらできることには限度があり、とりあえずは花壇を作り始めました。
花壇作り(1)
踏み固められた粘土質の土を掘ります。ブロックの1/4~1/3くらいが沈む様に20cmほど掘り、あとはブロックを積んだ分だけ土を入れようと思います。

ゴロゴロと石が出てくることは予想していましたが、陶器の欠片や飲料缶などが出てきて「ここはゴミ捨て場か!」とモラルの低さを嘆きました。それでも娘にとっては宝探し、何かを取り除くたびに「これなに?」、石だと教えれば「いし?」と可愛らしい声で訊ねてきます。あぁ、癒される…

粘土質の土は水はけがわるく、空気が入りにくいので園芸には向かない土だそうです(想像はついていましたが…)。土壌改良が必要ということで水はけがよくなるように赤玉土をたっぷりと、赤玉土には栄養分がないので腐葉土たっぷりと加えて土づくりをしようと思います。

今回は赤玉土について調べたことをまとめてみました。

広告

赤玉土は赤土を乾燥させた褐色の土

赤土とは東京周辺の土(関東ローム層)、火山灰が積み重なってできた土で、褐色で粒状の土です。肥料成分を含んでいないため虫や菌がつきにくく、清潔な土としてその使い勝手の良さから園芸やガーデニングで多く使われています。
ミニ花壇(1)
水道メーターの脇のスペースがもったいなくて作ったミニ花壇には赤玉土をたっぷり入れて、虫除け効果のあるローズマリーと初雪かずらを植えました(どちらもまだ庭に植える時期ではありません)。ミニ花壇は写真の右方向に拡大し、いずれロング花壇にする予定です。

赤玉土はガーデニングの基本用土

植物が好む土(植物が育ちやすい土)の条件
● pH度数
● 粘度
● 水はけ(排水性)
● 水もち(保水性)
● 肥料もち(保肥性)
● 通気性

植物によって好む度合いが異なり、「バラの土」「観葉植物の土」など植物の種類に合わせた土が売られています。それらを購入しても良いのですが、大抵の植物は腐葉土など肥料に赤玉土を混ぜた土で育ちます。赤玉土と腐葉土の割合は3~8:7~2です。湿気を好む植物の場合は赤玉土を少なめに、乾燥を好む植物の場合は赤玉土を多めに混ぜます。

日本で育つ植物は酸性寄りの土を好む

植物の多くはアルカリ性~中性の土を好みますが、酸性雨が降る日本で育つ植物は中性から弱酸性(酸性寄り)の土を好みます。日本の土壌が基本的に弱酸性だからです。手を付けていない弱酸性の土で中性~アルカリ性の土を好む植物を育てる場合は苦土石灰などを土に混ぜます(海外産の野菜・花を育てる場合は苦土石灰が必須)。

ミニ花壇に植えたローズマリーと初雪かずらは乾燥を好む(乾燥に強い)植物なので赤玉土はたっぷりと入れましたが、赤玉土はpH5~6の弱酸性の土です。海外産のローズマリーは酸性土壌を嫌うので、ローズマリー付近の土には苦土石灰を混ぜ込みました。

赤玉土の粒の大きさは目的で選ぶ

赤玉土は粒状なので大粒、中粒、小粒と粒の大きさ別に販売しています(メーカーごとに粒の大きさの基準は異なる)。どのサイズの粒が適当なのかは、赤玉土の使用目的によって異なります。

水はけの悪い土を改善するために赤玉土を混ぜる場合は粒が大きいものをおすすめします。赤玉土は粒が大きいほど水はけがよくなり、水もちが悪くなります。一般的に大粒は鉢底石の代わりに使用することが多く、土に混ぜ込むならば小粒~中粒が好まれています。

赤玉土の大きさで注意したいことは、赤玉土は時間の経過とともに粒が小さくなっていくことです。時間が経つと水もちが良くなり、水はけの悪い土へと変化していってしまうので、一定期間で土の入れ替えが必要になります。

赤玉土を焼き固めた硬質赤玉土は形が崩れにくい

赤玉土を高温で焼き固め、硬くした土を「硬質赤玉土」と言います。焼き固めることで時間が経っても形が崩れにくく、土の入れ替える回数が少なくすみます。ただし作るのに手間がかかっているので値段は約3~5倍になります。

▽赤玉土は約300円、”硬質”赤玉土は約1,200円


挿し木・挿し芽には赤玉土がおすすめ

何ごとも”過ぎたるは…”というもので栄養が多過ぎる土は挿し木・挿し芽には向いていません。その点赤玉土には栄養がないので、栄養が多過ぎて挿し木の枝が枯れてしまう心配はありません。

赤玉土は用途が広く、常備していて便利な土です。花用の土などブレンドされた土はたくさん購入すると懐が痛みますが、赤玉土と腐葉土ならばそれよりは安く土を購入することができます。腐葉土は自宅で作ることもできますが、相応の落ち葉が必要なので落ち葉の処理に困っている場合以外は買った方が安いかな…と思います。

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。