サンスベリアを育てることって実は難しい?

“空気をきれいにしてくれる植物”
“有害物質を吸収してくれる植物”

こんな言葉で’02年頃に人気があったサンスベリア(サンセベリア)のお手入れを久しぶりにしました。サンスベリアはNASAが研究している『エコ・プラント』の1つです。
KIMG2698-448x252
消臭効果があるので飼い猫たちのそばに置いたまま約1年間ほぼ放置、水やりもたま~にって感じで世話をしていましたサンスベリアはサボテンのように硬くふくらんだ葉で、乾燥に強くて冬は水やり不要だというので観葉植物でもかなり多肉植物寄りというイメージがありました。

だからついつい放置・・・本当によく生き残ってくれました

今回はサンスベリアの育て方をまとめてみたした。NASAのエコ・プラントについても調べてまとめたので、小さな子どもがいる家庭の消臭方法のひとつとして参考にしてもらえると嬉しいです。

本記事は観葉植物専門店『グリーンインテリア』監修の「【プロ監修】サンスベリアの育て方」(Pacoma)、ガーデニングガイド畠山潤子さん監修の「お部屋にエコ・プラント&エコ・グリーンを」(All About)を参考にしました。

広告

NASAのエコ・プラントとは?

NASAの植物研究というと“地球以外の星でも育つ野菜”とかイメージしますが、空気を浄化する植物『エコ・プラント』(NASAの呼称です)も研究しています。スペースシャトルなどの宇宙船内の空気は密閉されているからです。
 ↑
毒性のある有機化合物(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン)を吸収し分解する。シックハウス症候群の改善に効果が期待されている。

空気をきれいにし、子どもにも安全なエコ・プラントTOP5をNASAとParents Centerが発表しました。基本的にどれも日本の園芸店で簡単に手に入る植物です。

1 オリヅルラン
2 サンスベリア(虎の尾)
3 ドナセナ(幸福の木)
4 ポトス
5 アグラオネマ



“子どもに安全な”という選定基準があったためこの5つがあがりましたが、スパティフィラムやアンスリューム(アンスリウム)は空気の浄化力が高いです。


サンスベリアの効果

サンスベリア(虎の尾、トラノオ)はNASAが発表したエコ・プラントの中で最も空気の浄化力が高いとされています。ニオイの元となるキッチンやペットのいる部屋に置く人が多いです。

サンスベリアは暑さや乾燥に強いですが、寒さには弱いので(10℃以下の生育環境では育ちにくい)関東地方では室内管理が適しています。日陰に強いので日当たりに神経質になる必要はありません。

サンスベリアはマイナスイオンや水分を放出するため、室内の保湿効果があります。さらにリラクゼーション効果や目の疲れを軽減する効果もあるので寝室や書斎に置く人も多いです。


サンスベリアの育て方

サンスベリアを育てるときに大切なことは次の3点です。

1 冬は水をあげない(葉水で十分)
2 日光によく当てる
3 植え替えや株分けで根詰まりを防ぐ

サンスベリアの濃い緑色の葉色をキープするためには日光が必要です。1日に2~3時間でも陽をあててあげましょう。但し、夏の強い直射日光は葉焼けの原因になるので注意しましょう(夏は午前中に陽があたる半日陰がよい)。

サンスベリアが枯れる原因は根腐れです。ポイント1とポイント3は根腐れを防ぐための注意です。

サンスベリアは10℃を下回るようになると生育がとまり、水をあまり吸い上げなくなります。そのため気温が低くなる10月から水の量を減らし、11月~2月(冬)は一切水をあげないのが一般的です。

水をあげないのは根からあまり水を吸い上げないため、ずっと土が湿った状態になり根腐れするからです。水が不要というわけではないので、冬は葉水で水をあげるようにします。また葉水をしたら濡れた雑巾やペーパータオルで葉を拭き汚れを取り除きます(光合成しやすくなる)。

サンスベリアは成長が早く、すぐに根詰まりします。そのため2年に1回を目安に植え替えします。植え替えのベストシーズンは5月~8月です。土は赤玉土を多目に、乾燥しやすい土にします。「株を増やしたい」「あまり大きな鉢にしたくない」という場合は植え替えのタイミングで株分けでをします。

肥料は4月~7月、そして10月に遅効性の固形肥料を与えます。植え替えする場合は植え替えてから肥料を与えます。

水のタイミングが難しい

サンスベリアは気温が10℃以下になったら生育をとめて休眠しますが(水をあげなければ)、室内の場合は冬だけど10℃以下にあまりならず「休眠するの?」と思わせる環境です。

また室内といっても置き場所によったり、暖房器具との位置関係によったり、温度と湿度が全然違います。だから水やりをどうしたらいいか、はサンスベリアの葉や鉢の土を見て判断する必要があります

この判断が難しく、そのため私は本当にサンスベリアが“初心者向け”なのか疑っています。

サンスベリアは水が足りなくなると葉がしわしわになります。実際に我が家のサンスベリアの葉もしわしわになりました。こうなっても焦る必要はありません。徐々に水やりを再開すれば元気な葉に戻ります。

水やりの頻度の目安は室内の最低気温です。

10℃以下になる期間は水やりを控える、10℃より高い状態が続き始めたら2ヶ月に1回、4月頃からは土が完全に乾いてから4~5日後、9月頃からは土が完全に乾いてから7~10日後にたっぷり与えるようにします(根腐れを防ぐため受け皿の水は捨てましょう)。

スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください