ブロックを敷いて新しいポスト置き場を5,000円未満で作る

以前作った塀の後ろに新しいポストの置き場所を作りました。植木鉢も置けるようにモルタルでしっかり固定しました。今回はポストの置き場別のメリット・デメリットと新しいポスト置き場を紹介します。

ポストの置き場所は基本的に3ヶ所

  • 道路のそば
  • 玄関のそば
  • 建物内(壁に埋め込む)

どの場所でもメリット・デメリットがあるので家人のライフスタイル(重視するポイント)で決めると良いです。

ポストの置き場所ひとつで庭の雰囲気を始め、生活動線やプライバシーに変化があります。中には「ポストを設置したくない」と言う人もいますが、原則としてポストがないと郵便物を受け取ることができません

道路のそばにポストを設置する

我が家のポストの新たな置き場です。メリットは基本的に他人が敷地内に入って来ないことです。敷地内に入ってくる口実を減らせるため不審者が目立ち、防犯の役に立ちます。

デメリットは玄関からポストまでの距離が長いことです。車を停めた後に一度道路まで出るなど手間に感じてしまうことがあります。

実際に、我が家は小さな塀を迂回し、道路まで出て郵便物を取りだす必要があります。雨が降っているときや、風が強いときは確かにデメリットです。

一方で、今までは停めてある車と建物の間に脇にあったので郵便局員さん等が敷地に入り車を迂回して投函する必要がありました。車を傷つけられる恐れもあったので、防犯上のメリットは大きいです。

玄関のそばにポストを設置する

我が家の以前のポストの置き場です。メリットは玄関からの距離が近いことです。ヒサシの下にあれば郵便物を濡らさずに取りだすことができます。

さらに、車を停めるときにポストが邪魔になることがなく駐車スペースへのアプローチが楽というメリットがあります。

デメリットは他人が敷地内に入ってくることです。不審者が目立ちにくくなってしまいます。また、停めてある車に傷をつけられる可能性もあります。

「実際に傷をつけられたらどうなるのか?」

インターネットで調べてみるとビデオ映像数日分など、”常習性が確認できる”ほどの証拠がないと責任を取ってもらえないようです。つまり、キズを付けられても泣き寝入りさせられる可能性が高いです。

建物内に設置する(壁に埋め込む)

アパートのように郵便受けのついた玄関扉にしたり、玄関脇の壁をくり抜いてポストを設置すると、家の中で郵便物を取りだすことができます。

また、郵便物を他人に盗まれる可能性が一番低く、保安性の高い郵便物の配達も安心です。

しかし、家の一部に穴が開いていることになるので建物の断熱・気密性がかなり落ちます。断熱・気密性がダウンすると光熱費がかなり上がってしまいます。

ポスト置き場をDIYする

ポスト置き場はレンガ風ブロック(200×100)を並べて作りました。前回は軽く掘って砕石を敷いた上に直接並べましたが、今回はインスタントモルタルを使って固定しました(砕石ではなく庭から石を広い集めて敷き詰めました)。

カインズで購入できる「インスタント◯◯」はモルタルとコンクリートの2種類がありますが、砂利があるとレンガを平らに並べにくいということでモルタルの方を使用していました。コテの使い方もすっかり手慣れてきました。

簡単にモルタル層を作り、ブロックをおきながらモルタルを追加しつつ位置、高さ、水平を合わせていきます。水平器をつかってできるだけ平らになるように木槌で叩きながら進めました。

陽当たりの良い場所なので植木鉢も置けるように広めに、全部で45個のブロックを並べました。前回はポスト置き場ギリギリの大きさでしたが、今回は幅180cm×奥行50cmの広いスペースです。

before

after

広告

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください