落葉樹がキレイに紅葉する3つの条件

埼玉県深谷市郊外には造園家の多く、その敷地には様々な木々が植わっているため赤、黄、緑と目が楽しく、ドライブ・散歩にはうってつけのエリアです(深谷市の造園業に関する詳細記事)。

深谷市郊外には卸売をしている「埼玉県花植木流通センター」があります。植木を始め、花や盆栽など植木市場なので品揃えがとても豊富です。今回初めて行ったのですが、見て・触って・植物を身近に感じられること、そしてそれぞれの植物にキチンと名前がついているので植物図鑑のようだと気に入りました。
IMAG2710_埼玉県花植木流通センター入口
大型トラックも行き交えるようだだっ広い入口 photo by tuduri

店舗情報
株式会社 埼玉県花植木流通センター
住所    〒366-0815 埼玉県深谷市大字櫛引22
電話番号 048-572-1226(代表)
営業時間 8:30~17:00(年末年始以外は無休)
   駐車場 あり(大型トラックも通行可、構内一方通行)

広告

キレイに紅葉するには?紅葉する理由から分析

関東最大級の約1000㎡の小売エリアにはたくさんの種類の植物があります。しかも販売価格が安いということで、平日でも植木探しをする人をちらほら見かけました。小売エリアには車が入れるように2~4m幅の道が真っ直ぐ走り左右には様々な種類の木、私にとっては良い散歩道、2歳の娘にとっては良い運動場です。
IMAG2703_サザンカ
サザンカ。ツバキ科は”チャドクガ”に注意(チャドクガに関する詳細記事) photo by tuduri
IMAG2707_ソヨゴ
日陰で育ちやすいソヨゴ(シェードガーデニングに関する詳細記事) photo by tuduri

似たような趣味を持っているからか”初めまして”からどんな木を探しているのかお客さんたちの交流も盛んです。ここでは自分の目と足で買う木を決めるのがルールだそうです(”よい木が見つかるといいですね”が別れの挨拶だとか)。私もつくば市から来たという70代のおじいさんと植木の話になりました。

おじいさんは良い”イロハ紅葉”を探しに来たとのことでしたが、「暖かい地域なのであまりキレイに紅葉しないと思うけどね」と言っていました。”キレイな紅葉”を見るには条件があるのか気になり、紅葉のメカニズムなどを調べてみました。
IMAG2706_イロハモミジ
イロハ紅葉。紅葉した葉が陽に透けるとキレイに撮れるのですが photo by tuduri

”紅葉”は落葉樹の冬支度

樹木には1年中葉が落ちない”常緑樹”(マツ、スギなど)と葉が落ちる”落葉樹”(サクラ、カエデ、ブナなど)があります。紅葉するのは落葉樹です。

紅葉は落葉樹が冬に備えて落葉するための準備です。秋になって気温が下がり出すと木は葉に糖分や水分などの供給を停めます。ライフラインを断たれた葉は葉緑素が破壊され、葉は緑色でなくなります。

黄色く黄葉する理由 … 葉緑素が壊れ、黄色い色素(カロチノイド)が浮き出て見える
紅く紅葉する理由 … 葉の中に残った糖分によって赤い色素(アントシアニン)ができる

”紅葉”の条件は気温と湿度

紅葉が始まるのは明け方の最低気温が6~7℃になる頃です。そして紅葉が始まって20~25日後には見頃になるようです(群馬の紅葉時期(2016年予想)に関する詳細記事)。

イロハ紅葉を探していたおじいさんの言っていた通り”紅葉にはキレイに見れる場所”があります。日光や京都の嵐山などが紅葉の名所となるように、そこで落葉樹がキレイに紅葉するのは一定の条件を満たしているからです。

キレイに紅葉する3つの条件
● 春~秋にかけて晴天に恵まれる日なた
● 昼と夜の寒暖の差がある
● 適度な湿度がある

気温が落ちてライフラインを断たれた葉に残った糖分の量が色濃く紅葉するポイントになります。葉にたくさん糖分があればそれだけ濃い赤色に染まります。

糖分は植物のエネルギー源です。糖分は光合成で生成できますが、光合成できない夜は消費する一方になります。しかし夜の気温が低くなると糖分を消費する活動も少なくなるので、昼と夜の気温差が大きいと葉の中により糖分を残すことができます。

気温が寒くなって断たれたライフラインには水もあります。そのため乾燥しすぎると葉は紅葉する前に枯れてしまいます。紅葉するためには適度な湿度が必要です。紅葉の名所に川沿いが多いのはこの条件に因るものです。

”紅葉”のメカニズムはまだ解明されていない!?

紅葉する理由は”葉の中にアントシアニンができるから”といわれています。糖分が原料となっていることは分かっているようですが、そのメカニズム(変化の過程など)は実はいまだ謎なのです。

紅葉は人の手では作り出せない自然の神様の領域で、紅葉を司るのは秋の女神・竜田姫(たつたひめ)と言われています。竜田姫は秋の草木の錦をまとった、平城京の時代に五行説で秋に通じる西の方角にあった竜田山の女神様です。東にある佐保山の佐保姫は春を司る女神で、竜田姫は佐保姫と春秋一対の女神として知られています。
<竹久夢二>色紙「立田姫」【竹久夢二 グッズ 色紙 インテリア】
<竹久夢二>色紙「立田姫」【竹久夢二 グッズ 色紙 インテリア】

【参考/出典】
● なぜ紅葉するのか / 森林・林業学習館
  http://www.shinrin-ringyou.com/topics/kouyou2.php
● 紅葉豆知識~なぜ紅葉するの?/キッズgoo 保護者のページ
  http://kids.goo.ne.jp/parent/seasonevent/momijigari/
● 竜田姫 / Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki
【関連記事】
●  (2016.10.1)
●  (2016.10.30)
●  (2016.11.4)
【目次記事】

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。