柚子は植木鉢で育てることができる。植え付けは3月下旬~4月中旬が最適

冬に柚子(ユズ)をよく使うため、自宅の庭で柚子を育てようと計画しています。

問題はどれだけ大きくなるか…調べてみたら、【柚子の木は鉢で育てられる】とのこと。果樹だから『地植え』というイメージがありましたが、柚子を鉢で育てると根の生育を制限して樹勢を抑えることができるメリットがありました。

【樹勢を抑えるメリット】

  • 剪定や摘果がしやすい
  • 地植えよりも2~3年早く実を収穫できる

柚子の木の植え付けは【3月下旬から4月中旬が最適期】です。植え付け後は2年に1回くらいで同時期に植え替えします。柑橘類の場合は細根が多いので根詰まりしやすく通気性が悪くなります。

柚子(ユズ)は柑橘系の中でも初心者に育てやすい

無料写真素材なら【写真AC】

柚子(ユズ)は柑橘系の中でも栽培が簡単で初心者に育てやすい果樹です。自身の花粉で受粉するので1本でも実をつけられます(自家結実性)。

  • 暑さに強い
  • 柑橘系では珍しく寒さに強い(耐寒温度は-7℃)
  • 病気に強い耐性がある
  • 自家結実性があるため1本で実をつける

日当たりの良い場所を選ぶので、一年を通して日照時間の長い場所に置くと良いです(特に冬は株元まで日が当たる場所におく)。日当たりが悪いと葉の色が悪くなり、花の数も減るので収穫できる実も少なくなってしまいます。

柚子は水を好む(実が大きくなる頃は特に水切れに注意)

無料写真素材なら【写真AC】

柚子を鉢で育てる場合は腐葉土と赤玉土を混ぜた土を使います(排水性・保水性が良く肥沃な土が良い)。鉢の底にはネットと鉢底石を敷きます。

水は鉢の土の表面が乾いたのを目安にたっぷりとあげます。特に、花芽が付いてから実が肥大する時期には水切れさせないように注意します(落花や落果の原因になる)。

夏場は朝と夕に水やりしても良いです。実が成熟する10月頃からは与える水の量を減らします(乾かし気味にすることで味が引き締まる)。冬は生長が鈍るので土の表面が乾いて数日経ってから水を与えるようにします。

柚子の木の剪定は新芽が出る頃(3月頃)に行う

無料写真素材なら【写真AC】

花芽は前年に伸びた枝の先にあるため、剪定は枝先を全体的に切るのではなく、不要な枝を付け根から切るように行います。

  • 直立した枝
  • 内側に向かって伸びた枝
  • こみあっている部分

枝全体に日が当たるようにバランスを見ながら、全体の2割程度を剪定します。

柚子は気温が12℃以上あるときに施肥するのが必要

無料写真素材なら【写真AC】

柚子は春・夏・秋と年3回に分けて肥料を与えます。

まずは3月の生育期に入る頃で、緩効性の有機肥料を与えます。6~7月および10~11月は株や実の成長を促すために即効性の化成肥料を与えます。

気温が低くなるの養分の吸い上げが鈍るため、外気温が12℃以下にならないときに肥料を与えるようにします。肥料が過剰になると根を傷める原因になってしまいます。

柚子は風通しと日当たりが良い場所で育てて病気を防ぐ

無料写真素材なら【写真AC】

柚子は耐病性のある果樹ですが黒星病にかかることがあります。黒星病はバラの時に経験しましたが、葉に赤褐色~黒の斑点ができて黄色く変色してしまいます。

柚子は病気に強いですが害虫はつきます。柚子につく代表的な害虫はアブラムシ・ハモグリガ・アゲハチョウの幼虫・カメムシです。害虫の発生を防ぐのは難しいので、日ごろから小まめに観察するようにして見つけ次第取り除くようにします。

気をつけていても害虫は発生します。被害が広がらないよう、日頃から小まめな観察を心掛け、見つけ次第取り除きましょう。

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。