ICカードが水没!ICチップが濡れた後は正しい処置をすることが大事!

我が家の玄関扉のカギはICカード(非接触型)です。今日出かけるとき、二子を抱っこしながら魚にエサをあげていたら

…ポチャン

!!

カードケースからカードキーを取り出し、水槽の中へ二子が投入していました。マサカの事態に脳は状況理解を拒否し、数秒後「ギャー\(゜ロ\)!!(/ロ゜)/!!」と叫んで水槽に手を突っ込んでいました。

長袖の季節、右の袖はビチョビチョになって着替える必要はありましたが、カギは無事でした。ヨカッタ(・_・;)

さて、家のカギに限らずICカードを洗濯または水没させてしまった人は少なくないでしょう。こんなときどうするべきか、調べてまとめてみました。

ICチップは水に濡れても大丈夫!

ICカードには、ICチップが表に出ている接触型と、カードに内蔵されている非接触型があります。このどちらでも、水に濡れた程度ならば機能に問題ありません

ICカードが破損する原因は熱・磁気・変形および傷がついたのいずれかです。今回は水没した場合なので、磁気と傷の可能性については除きます。

水に落とした場合は?

ICチップは水に濡れても壊れないので、カード全体をタオル等で優しく拭いて水気を取ればまず問題ありません。

特に、Suicaやパスモのような交通系カードに多い非接触型ICカードの場合は耐水性の高いプラスチック素材がICチップを覆っているので、水没させた程度では全く問題ありません。

カードは必ず拭いて水気をとるようにして下さい。ドライヤーやストーブの熱で乾かすと、ICチップが熱で壊れてしまう可能性があります。

ICカードが濡れたらタオル等でポンポンッと水気を拭き取ればよい。ドライヤーや乾燥機はNG!

 

お湯に落とした場合は?

カード本体の素材であるポリ塩化ビニルの『HDT熱軟化温度』(=ポリ塩化ビニルが軟らかくなって変形してしまう温度)は54~80℃です。

54℃以上のお湯にICカードを落とした場合、カードが変形しやすくなりICチップが壊れてしまう可能性があります。

ICカードを54℃以上のお湯に落とした場合、カードが変形しないようにそっとお湯から出し、テーブルなどの平らな場所において自然に冷まします。水をかけるなどして急に温度を変化させるとカードが捻じれてICチップが壊れてしまう可能性があります。

54℃以下ならばお湯に濡れても基本的に問題はない(タオル等でポンポンッと水気を拭き取ればよい)。54℃以上の場合はカードを変形させないようにそっと取出して平らな場所で自然乾燥。ドライヤーや乾燥機はNG!

 

洗濯してしまった場合は?

カードをケースなどに入れて洗濯してしまった場合、脱水までならばICチップにまず問題はありません。洗剤、漂白剤、柔軟剤の成分がICチップに影響を与えることはありません。

カードを裸で洗濯してしまった場合、すすぎや脱水でカードが変形してICチップが壊れてしまう可能性があります(軟化温度よりも低い状態のカードはある程度硬いですが)。

お風呂の残り湯で洗濯した場合も、お風呂のお湯は43℃以下が一般的なので脱水までならば問題ありません。

「脱水まで」と限定しているのは、ドラム式洗濯機のように乾燥までやってくれる洗濯機があるからです。乾燥機に入れてしまうと54℃以上の熱と回転する力が加わってカードが変形しICチップが壊れてしまう可能性があります。

カードが変形してしまったら?

変形してしまったICカードは基本的に使用せず、再発行手続きをとってください。

特に、機械に入れる(挿し込む)タイプのICカードは、変形した状態で絶対に使用しないで下さい。読み取り機側も壊してしまう可能性があります(機械の修理費を請求されることもある)。

クレジットカードの再発行

まず、クレジットカードを池に落としたり、トイレに流してしまった場合は必ず回収するか利用停止手続きをとるようにしましょう。クレジットカードは比較的丈夫な素材でできているので、水に濡れた程度では壊れない可能性が高く誰かに使用される可能性があるからです。

クレジットカードの再発行手数料は、カード会社によって異なりますが500~1,000円が一般的です。自然にひび割れた場合やカード到着時に破損していた場合を除いて再発行手数料が必要となります。

再発行手続きをしてから新しいカードが届くまでは、1週間~10日間までが一般的です。

また、カードが再発行されるとカード番号が変わる可能性が高いです。クレジットカード決済をしている場合は変更手続きが必要となります。

Suicaの再発行

Suicaは非接触ICカードで器械に差し込まずに使用できるので、駅やコンビニでI問題なく使えるかどうかを簡単に確認することが可能です。

Suicaが使えない場合、Suicaエリア内の駅の窓口で再発行の手続きをします(使えなくなったカードを持参する)。窓口では使えなくなったカードの利用停止をし、翌日以降に再発行カードの受け渡しをしてくれます。

再発行の場合、利用停止の手続きをした時点での定期やチャージ残額は保証されます(オートチャージ設定も引き継がれる)。また、破損したカードがある場合は再発行手数料はかかりません(カードがない場合は再発行手数料510円と新しいカードのデポジット500円が必要になる)。

但し、Suicaの再発行には、カード裏面のカード番号(JEから始まる17桁の番号)が必要です。判別できない場合は再発行ができません。

nanacoの再発行

nanacoを水没するなどして破損してしまった場合、次の手続きで再発行手続きができます。

まず、カードの持ち主(会員本人)がお問い合わせセンター※に電話し、引継番号を発行してもらいます。

nanacoお問い合わせセンター(電子マネーnanaco公式サイト)

引継番号が発行されたら、セブンイレブンのレジなどnanacoを発行している窓口にいき再発行手続きをします(水没等による破損の場合の再発行手数料は300円)。古いカードは回収され、新しいカードが再発行されます。

古いカードの残高は再発行手続きをするとセンター預かりになります。再発行手続きから3日後以降に、新しいカードにチャージまたは残高照会をするとセンターお預かり分の残高が引き継がれます。

スポンサードリンク



0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。