30代の肌トラブルの多くは加齢が原因!?

「化粧品忘れているよ」
わざとおいて行ったの

きちんとケアしなさい、と母が置いて行ったエイジングケア化粧水および乳液を使用して数日…肌の調子がよいことにムカッとしている今日この頃です。

▽無印良品に大瓶を買いに行く予定です
化粧水・乳液
肌の調子が良いことは喜ばしいですが、気に障るのは『エイジングケア』というフレーズです。加齢対策が必要な年齢になったと直視させられた気がして、少々気分が悪いのです。

”もう若くはない”が口ぐせになる30代ですが、実際に他人から老けたと言われると嫌なものです。なぜならば現実を直視させられるから…しわができてきたり、肌がくすんだり、30代は加齢を意識しなければいけないのです。

加齢は現実、30代の肌ケアは加齢を受け入れることから始まります。なぜならば30代の肌の多ブルの多くは加齢が原因だからです。今回は加齢による30代の肌トラブルについてまとめてみました。

広告

30代は見た目が激変

・毛穴が目立つ
・ハリがない
・潤いがない
・口元のたるみや皺が気になる
・目元の乾燥や皺が気になる
・乾燥肌
・くすんで透明感がない

30代の女性の肌の悩みはこんな感じですが、これら原因は乾燥がほとんどです。30代になると肌の水分を保持するコラーゲンやヒアルロン酸が激減し、肌が乾燥しやすくなるのです。

つまり30代の肌ケアが20代のときと同じではいけないということです。

コラーゲンやヒアルロン酸は肌の奥深くにある真皮層の成分です。真皮層はピンッとした肌のはりの基盤となるものです(ピンッとはるのは水分)。肌の保水力を維持するコラーゲンやヒアルロン酸が減少すると肌の張りを保てず、肌がたるんで毛穴や皺が目立つようになります
  ↑
一気に老けて見える

肌が乾燥すると(水分がなくなると)肌の状態はどんどん悪くなります。

肌のターンオーバーが乱れる
  ↓
古い角質が肌に積み重なる
  ↓
肌がくすみ、顔全体が茶色く見える
※乾燥でたるんだ毛穴に汚れが溜まり、汚れが酸化すると黒くなる

30代の肌トラブルの原因は加齢による肌の保水力が弱まったことであり、これを改善するにはコラーゲン、ヒアルロン酸、そしてセラミドを補給することが大切です。
  ↑
コラーゲンとヒアルロン酸は親水性なので化粧水・乳液で補給可能。セラミドは疎水性なので美容液での補給が必要。

ヒアルロン酸は1gで6リットルの水分を保持できます(真皮層の細胞と細胞の間にあり、細胞が乾くのを防ぐ)。高分子のヒアルロン酸は肌に塗っても真皮層まで届きにくいため、低分子化したヒアルロン酸やフリーズドライにした無水ヒアルロン酸が配合されているものが望ましいです。

細胞間脂質の1つであるセラミドはヒアルロン酸と同じように細胞と細胞の間にあります。セラミドは肌の表面・角質層にあり紫外線や乾燥した空気から肌を守ります。ヒアルロン酸は20代を過ぎると徐々に減り始め、30代ではピーク時の8~5割に減少してしまいます
  ↑
これが『加齢』です。

『加齢』とは今まで正常に機能していた体の機能・能力を衰えさせてしまうことです。肌の水分を保持する能力が衰えれば肌のはりがなくなって皺ができ、ターンオーバーが乱れて肌がくすんだりしてしまいます。そのため見る人に老けたという印象を与えてしまいます。

加齢とは老けたことを実感させられるため嫌なことです。しかし目を背けても何の解決もできず、実際に年齢に合わせたエイジングケアをすることが30代には大切です。

スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください