端午の節句は女性が男性よりも強くなる「女の天下」の日だった!

最終更新日

Comments: 0

5月5日(端午の節句)は男の子の健やかな成長を願う日です。3月3日(桃の節句)の女の子の日と対になったイベントです。

その端午の節句が男の子の日となったのは江戸時代からです。魔除けに使われている菖蒲の葉が刀のような形状をしていて、音が「尚武(武を重んじる)」と同じという点から”男の子の日”となったようです。

実は、江戸時代より前の5月5日は女性の日で、「女天下」とさえ言われる日でした。

スポンサードリンク

昔の日本では5月5日に生まれた子どもは忌み嫌われた

昔の日本では5月を「忌月(いみづき)」や「悪月(あくげつ)」と言っていました。農耕が主体の日本で旧暦5月は梅雨の時期であり、水害が起きたり疫病が流行ったりしたという説があります。

「端午の節句」「菖蒲の節句」「子どもの日」と言われる5月5日は今では男子の健やかな成長を祈願する日ですが、昔は子どもの健康を願うどころかこの日(月)に産まれた子どもを棄てたり売ったりする親が多くいました。

親が子どもを棄てた理由は古代中国に蔓延った俗説「5月に生まれた子どもは親に害をなす」です。俗説なので出処も根拠も全く分かりませんが、それを信じた親がいた事例がいくつか記録(書籍)に残っています。

5月5日が男の子の日になったのは江戸時代からだった

実は5月5日が男の子の節句(男の子の健やかな成長を祈願する日)となったのは江戸時代からです。それ以前の5月5日は女の人の節句でした(「皐月忌」)。

女性は田の神の奉仕者として巫女的な役割を果たして田植えを行っていました。田植えを行う女性たちは邪気を払う魔除けの効果がある菖蒲やヨモギの屋根の家でのんびり過ごして身を清める、この5月5日は女性が大切にされた日だったのです。

男性を追い出して女性だけで集うこの行事は「女の家」「女の夜」「女の屋根」「女の天下」などと言われ、この慣習はいまも日本各地に残っています。

人類学では男性優位だった日本において珍しい女性優位の日、役割転倒の一種と考えられています。女性はこの日だけ男性から支配権を奪い取り、家の支配者として心身ともに解放していたとみられています。

湿地で花を咲かせる花菖蒲と菖蒲は違う植物

菖蒲湯に浮かんでいる葉は「菖蒲の葉」で、この菖蒲は湿地で花を咲かせる花菖蒲と別の植物です。

菖蒲の葉には香りがあり、根には薬効があります。魔除けとして大切にされてきた菖蒲の葉を浮かべた菖蒲湯には血流循環の促進、冷え症の改善、肩こりや疲労痛の解消などに効果があるとされています。

植物名ハナショウブ(花菖蒲)ショウブ(菖蒲)
※正式には「白菖」
英名Kobushi magnoliasweet flag
科名アヤメ科ショウブ科
属名アヤメ属ショウブ属

菖蒲の葉で作ったクスダマで無病息災を願う

端午の節句ではクスダマを飾って無病息災を願う風習があります。

「クスダマ」というと玉についた紐をひけばパカッと割れて中から彩り豊かな紙などが舞うものをイメージしますが、昔のクスダマは薬草を丸く固めたものでした。そのためクスダマは漢字で「久寿玉」や「薬玉」と書かれます。

端午の節句につかれたクスダマには魔除けの効果がある菖蒲やヨモギが使われました。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。