リコールにステップワゴンが巻き込まれた

最終更新日

Comments: 0

ステップワゴン(トミカ)
昨年末に購入したステップワゴンにリコール(無償修理)が発生し、本田技研からリコールに関するお知らせが届きました。

【理由:ブレーキの不具合
ブレーキペダルをゆっくり踏んだ際、ブレーキの効きが悪く減速せず、更に踏み足さないと思った位置に停止できないことがある。
(本田技研からの”お知らせ”より抜粋)

具体的なことを調べるとブレーキマスターシリンダーの中にあるゴム製のセカンダリーカップの材質と形状が不適切とのことです。

・可塑剤によってカップが膨張
・エンジンからの熱によりカップが膨張
  ↓
カップの変形によりシール性能が低下。ブレーキの効きが悪くなり制動距離が伸びる。Σ( ̄ロ ̄|||)
(参考:本田技研公式サイト

“ブレーキを踏んだのに意図した場所で止まれなかった”というトラブル報告は約140件で、そのうち2件は事故を起こしています(どちらも物損事故)。

リコールの作業としてはブレーキマスタシリンダを良品に交換することになります。作業時間は約1時間45分…とお知らせにはありますが、旦那に販売店から連絡があったところ実際はその作業箇所に辿り着くまでに時間がかかり実質半日の作業になるそうです。

しかも作業台はやや特殊で台数がなく、すぐに予約もできず約2週間後の作業予約がとれました。リコール対象車がステップワゴン、フリード、フリード+、対象車両数は約21万台と多くて大変そうです(・・;)

公道を走る車は全て国土交通省令「道路運送車両の保安基準」に適合していなければなりません。そのために2年に1回車検を受けます(初回車検は3年目)。

しかし人間の作るものなのでミスもあり、よく調べたら(ユーザーからのトラブル報告含む)保安基準に適合していない又は適合していない可能性があることもあります。この場合、メーカーには国土交通大臣宛てにリコールの届出をし、早期に改善する義務があります。

・不適合の状態
・不適合の原因
・改善措置の内容 等

一般的にリコール届出のあと、ユーザーに対しリコールの案内が届きます。案内を受け取ったユーザーには速やかに対応する義務があります。「特に危険・不便はないから次の点検整備のときに対応してもらう」等と、不具合を知りつつ改善措置を怠ったユーザーには責任が発生します。

またリコール届出の義務は車本体だけでなく、チャイルドシートにもあります。

参考:自動車のリコール・不具合情報(国土交通省公式サイト)

リコールは車に限らず色々な製品で発生します。そのため色々な関係省庁がリコール情報を提供しています。国土交通省の自動車のリコール・不具合情報以外は以下のようになっています。風評等もあるのでリコール情報については官公庁の公式サイトの情報を信用するようにしましょう

【消費者庁】
アレルギー物質に係る食品の回収情報

【厚生労働省】
食品衛生法に違反する食品の回収情報
・医薬品等回収情報(国の発令/都道府県の発令

【総務省(消防庁)】
消防関係製品のリコール情報

【経済産業省】
消費者生活用品安全法に基づくリコール情報

【了】

広告

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。