札幌市で発生したガス爆発は事故?人災?スプレー缶ガス抜き作業が原因という視立ても

札幌市内でガス爆発があり、不動産やさん(アパマン)とその隣に合った居酒屋が吹っ飛び42人がケガ、爆風の影響は数十メートル先にまでおよぶ事故がありました。

最近のガスメーターにはガスが漏れたときにガスの供給をストップする「ストップ機能」があるので、『ガス爆発』なんて最近めっきり聞かなくなっていたので驚きました。

一夜明け、現場検証が進みどんどん情報が明らかになっています。

爆発の中心になった不動産屋さんでは約120本の消臭スプレー缶が見つかっています。当時、不動産会社の従業員が「消臭用スプレーのガス抜きをしていた」「給湯器のスイッチを入れたら爆発した」という証言があり、スプレー缶のガスに給湯器のスイッチにより引火して爆発したとして現場検証が進んでいるようです。

廃棄したいスプレー缶の取扱注意点

消臭剤などの多くには可燃性ガスを使用していて、可燃性ガスが密閉した空間に充満すると火はもちろん静電気でも引火することがあります。日本エアゾール協会は「使用済みのスプレー缶を処理する場合は、缶の中身を空にしてから捨てることが大切」と述べています。

中身を空にする作業は屋外または風通しの良い場所で行います。新聞紙などを用意して、それに向かってスプレーして中身を空にします。

風通しのよい作業場所として、換気扇を回しているだけでは不十分です。可燃性ガスは下に溜まる性質があるため、部屋の上部で換気扇を回しても室外に出ていきにくく室内に充満してしまいます。

さらに、「使用済みのスプレー缶を処理するときは穴をあける」という自治体は減り、最近は穴をあけずに使用済みスプレー缶を回収する自治体が増えています。スプレー缶に穴をあけるときに金属がこすれて引火する恐れがあるためです。

可燃性ガスは空気中の濃度約2%で爆発

可燃性ガスが爆発するには火元(着火源)とガスの濃度が重要です。風通しの良い場所でスプレーするのは、この濃度を低くすることで安全な作業環境を整えているのです。

可燃性ガスが爆発する目安となる濃度は1.6~3.7%です。200mlのスプレー缶の場合、3m×3mほどの密封した室内で10~17本分の中身を全て噴射したときの濃度となるようです。

3m×3m、一畳が1.8m×0.9mなので約4畳の部屋と想定されます。一般的な住宅のトイレ(1畳)や風呂場(2畳)でのガス抜き作業が危険というのが分かります…が、一般的な家庭では一気に何本もガス抜きする可能性は低いかと思われます。

昔は消臭スプレー缶の爆発事故はなかった?

昔のスプレー缶は不燃性のフロンガスを使用していたため、スプレー缶から出たガスに火が付くというケースは少なかったと検証されています(卓上ガスコンロのガスボンベは現在同様にプロパンガスを使用)。

しかし、現在のスプレー缶は可燃性のジメチルエーテル(DME)を使用しています。ジメチルエーテルは低毒性で環境負荷が低いことが確認されています。

ジメチルエーテルとは空気中では無色の気体ですが、圧力をかけると簡単に液化します。スプレー缶を振るとチャポチャポという音がしますが、スプレー缶の中は高圧になっているのでジメチルエーテルは他の、例えば消臭成分などと一緒に液体になっています。

スプレー缶のスイッチを押して缶の中の圧力を減らすと適量のジメチルエーテルはパッと気体に変わり、消臭成分などをパッと散らします。この性質をかわれてスプレー缶のガスはジメチルエーテルを使用していることが多いのです。

しかし、注意書きにそって普通の使い方をする分にはジメチルエーテルが可燃性ガスでも、LPガスと同様に安全だということが確認されています。参考:DMEとは(一般社団法人 日本DME協会公式サイト)

スポンサードリンク

0
1 2

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。