2019年参議院選挙(改選)の定数は124人?3人増えている原因は参院定数6増法。

最終更新日

Comments: 0

いつの間にか増えていた参議院の定数。しかも増えていたのが埼玉県の定数でした。

今回の増員の原因は2018年夏に成立した参院定数6増法の適用です。

この法律の適用は今回の参議院選挙が初めてです。現在の参議院定数は242人、今回の選挙が終わったら245人、そして3年後に残り半数の選挙が行われた後は248人になります。

スポンサードリンク

埼玉県選挙区の定数が6から8に増える

2018年7月18日、 参院定数を6増やす改正公職選挙法が衆院本会議で自民、公明両党の賛成多数で可決・成立しました。この改正公職選挙法で増える6議席は次のようになっています。

  • 埼玉選挙区の定数が6から8に増える
  • 比例代表を96から100に増える

参議院(通常)選挙は3年ごとに半分ずつ入れ替わる形で行われています。改正公職選挙法により増える6議席についても、2019年の選挙で+3、この3年後の選挙で+3をして合計6増とします。

埼玉県選挙区の定数が増えた理由は?

一票の格差を解消するためです。

定数6人のときは同定数の選挙区となる5道県で最も狭く人口が多い選挙区で、定数増加前の一票の格差は全45選挙区で最大の3.07倍でした。今回の定数増により一票の格差は2.35倍に縮小します。

…ですが、人口の都市集中化が予見される中では更に一票の格差の拡大が予想されます。そのたびに議員を増やして解消していくのでしょうか。

2019年参議院選挙の埼玉県の顔ぶれは?

参議院選挙区選出議員選挙候補者(定数4名) は次の通りです。

ししど ちえ国民民主党
伊藤 岳日本共産党
矢倉 かつお 【現職】公明党
沢田 良日本維新の会
さめじま 良司安楽死制度を考える会
くまがい 裕人立憲民主党
古川 俊治 【現職】自由民主党
小島 一郎幸福実現党
佐藤 恵理子NHKから国民を守る党

【参考】
参議院議員通常選挙 候補者・名簿届出政党等情報(埼玉県公式サイト)

2019年夏には埼玉知事選もある

参議院選挙の約1ヶ月後の2019年8月25日には埼玉県知事選挙が行われます。

現職の上田知事は 2019年6月15日の記者会見で知事選に立候補しないことを表明しています。今回の埼玉県知事選挙には現職の参議院議員2名、行田邦子さん(2019年満期)と大野元裕さん(2022年満期予定)が立候補する予定になっています。

この2名の他に、元不動産鑑定士の山口節夫さん、スポーツライターの青島健太さんが立候補する意向を示しています。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。