B型肝炎の予防接種は2016年春生まれの子から定期化

最終更新日

Comments: 0

―B型肝炎ワクチンの予防接種は義務なのか?―

2016年4月1日以降に生まれた子どもならば義務です。義務、つまり定期接種に指定されると、次の対象の乳幼児は無料で予防接種を受けることができます(接種にかかる費用は公費で賄われる)

  • 平成28年(2016年)4月1日以降に生まれた子ども
  • 1歳未満の乳幼児

定期接種対象外の子どもや大人もB型肝炎の予防接種はできますが、5,000~10,000円かかります(全額自己負担 ※自由診療なので保険対象外)。

B型肝炎ワクチンの定期接種は生後2ヶ月から対象となります(接種は全3回)。今回はB型肝炎(HBV感染)を予防するワクチンの重要度についてまとめてみました。

参考:「B型肝炎」(国立研究開発法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター公式サイト)

スポンサードリンク

1歳未満の乳幼児が対象の予防接種

2016年10月から0歳児(1歳未満の乳幼児)に対するB型肝炎ワクチンが定期接種化されています。それまでは任意接種でした。

2016年4月1日以降に生まれた子どもを対象に定期接種化され、またそれ以前に生まれた乳幼児も0歳児の間に限り無料で予防接種を受けられます(生後2ヶ月から接種可能)。

B型肝炎ワクチンの予防接種については1992年からWHOが推奨し、2009年には177ヶ国が定期接種に指定していました。接種回数は3回で、1回目の接種から27日を過ぎてから2回目を摂取、さらに1回目から20~24週を経過した後に3回目の接種を行います。
  ↑
1歳の誕生日の前日までに3回接種できなかった場合、誕生日以降の接種は有料

※母親がB型肝炎ウイルスのキャリア等で、出生時にB型肝炎ワクチンの接種を受けた場合は定期接種の対象外

B型肝炎ウイルスは母子感染する

B型肝炎には出生時の母子感染や胎児の段階で子宮内・産道で感染することがあります(垂直感染)。

B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)が血液・体液を介して感染しておきる肝臓の病気(炎症)です。肝臓の炎症が6ヶ月以上続くと慢性肝炎に分類され、炎症がさらに長期化すると肝硬変・肝がんになりやすくなります。

妊娠8週目を目安にウイルスの有無をチェック

”沈黙の臓器”と言われる肝臓はその機能が健康な状態の3割以下になっても自覚症状が現れずらく、B型肝炎になっても気づきにくいと言われています。

胎児への母子感染を防ぐため、妊婦健診ではHBs抗原検査(血液検査項目の1つ)をし、B型肝炎ウイルスの有無をチェックします(妊娠8週目頃)。HBs抗原検査の結果が陽性の場合、生まれた赤ちゃんに対して直ぐにワクチン接種など予防措置が施されます。

出産時または乳幼児に感染すると慢性肝炎

B型肝炎には急性肝炎(一過性の感染)と慢性肝炎(持続性の感染)があります。出産時または乳幼児期にB型肝炎に感染すると慢性肝炎です。

どちらの肝炎になるかは、B型肝炎ウイルスに感染する時期(HBVキャリアになる時期)でほぼ決まります。一過性の感染は免疫ができた後の感染、持続性の感染は免疫ができる前の感染です。

B型急性肝炎(一過性の感染)

HBVに感染したあと1~6ヶ月間の潜伏期間を経てから肝炎が発症します(劇症化する可能性もあるので直ちに医療機関を受診)。

B型慢性肝炎(持続性の感染)

HBVに感染したあと数年~十数年の潜伏期間を経て肝炎を発症します(この間にウイルスは体外に排出されず共存する:無症候性キャリア)。長い潜伏期間を経て発症するのは自己の免疫力が発達したからで、思春期以降(10~30代が多い)に一過性の強い肝炎を起こすケースが多いです。
  ↑
8~9割はそのまま生涯、肝機能が安定して強い肝炎を発症しません(非活動性キャリア)。1~2割は慢性肝炎へと移行し、場合によっては肝硬変や肝ガンになります

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。