【幼稚園の通園準備】上履き入れと食器入れ

最終更新日

Comments: 0

母と妹が遊びに来てくれたおかげで針を動かす時間が増えて娘の通園準備が進みました。

旦那はミシンを買うかと聞いてくれましたが、滅多に使うものではないし実はミシンが苦手で…(高校時代に使ったのが最後。針の早い動きについて行けず「待って、待って」と慌てた想い出が

「ミシンはとりあえず要らないかな」
「そっか。”本返し縫い”なら丈夫だしね」

「う…うん、そうだよね」

旦那の台詞を肯定したものの内心では

(”本返し縫い”…って何だっけ?)

旦那の口から出た裁縫用語に慌てて、こっそりとネットで調べました。ネットを見ながら縫い縫い…確かに丈夫な縫い目になりました

本返し縫いで手間は2倍ですが、何とか上履き入れとコップや箸を入れる食器入れが完成しました。
上履き入れ
お粗末ながら娘が好きな猫をフェルトで作ってみました(目だけのつもりが、母と妹のアドバイスにより鼻・口・ひげを刺しゅうすることに

上履き入れはサイズが指定され、Dカンやボタンを使って口を留められるようにして欲しいと言われていました(2月の体験入園で上履きを入れる練習をするので早めに用意)。
  ↑
なんとも可愛らしい練習です

上履き入れのサイズは20×28(cm)で、まだ16cmの小さな上履きはすっぽり入ります。色や素材に指定はなかったので娘が好きな黄色のキルト素材にピンクでアクセントをつけてみました。雑に扱っても大丈夫なようにファンシーな布で内側にも袋を作り2重構造にしました。

さて基本的に布を買うと余ります。案の定、今回もキルト地が余りました。通園バッグを作るほどは余らなかったので、コップと箸とナプキンを入れる食器入れを作りました。
食器入れ
こちらの内袋はリネン素材です。ピンクの紐は手拭タオルを引っ掛けるフープにも使用しているものです。しかし適当なサイズで作ったせいか少々小さく出来上がりました。

何か作ると何か余るという状態…内袋を作ったらリネンの生地が小さく残ったので、ハンドソープのボトル用のマットを作ってみました。Seriaで購入したアップリケを縫い留めたらそこそこの出来に
ハンドソープの置き場
輪染みを防ぐために作ったものですが、娘が猫を気に入ったようで猫を見るために小まめに手を洗いに行くようになりました。これから風邪が流行る時期なので良い習慣ができました

広告

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。