赤ちゃんの目やにの原因は鼻づまり!?

最終更新日

Comments: 3

3日程前の朝、起きると生後4ヶ月の二子の右目にびっしりと目やにが( ´;゚;∀;゚;)上下のまつ毛をくっ付けるように、つけ過ぎたマスカラのように黄色の目やにが右目にくっついているのです。

「なにこれ( ゚ロ゚)

あまりの光景に眠気もぶっ飛ぶ、ひとつ深呼吸してウェットティッシュで拭いとりました。ベタベタしていたものの、固まってなくてよかったです(´Д`)

目の中に異物があったら大変なので“子ども用の目薬”を買いにドラッグストアにいき、生後3ヶ月から使える目薬(約600円)を購入しました。目薬といったらロート製薬のイメージはあるものの、ロートの子ども用は「15歳未満」とかかれていたので、「3ヶ月から使える」とかかれていたムヒの目薬にしました。
赤ちゃんのまつ毛



「…なことがあったんですが( ノД`)

運よく四種混合ワクチンの予防接種の日だったので、かかりつけのお医者さん(小児科医)に相談したら

鼻がつまってるからだね( ´∀` )」

と、あっさり( ゚ 3゚)

お医者さんによれば、鼻と目は“鼻涙管(びるいかん)”という管で繋がっていて、鼻がつまっていると目の老廃物が混ざった涙が鼻に抜けず目やにになるとか。

朝に目やにが付いていることが多いのは、夜寝ている間ずっと目をつぶっていて涙が流れず、老廃物をためている状態だからだそうです。

耳鼻科で鼻を洗うって方法もあるけどね」
  ↑
いわゆる“鼻うがい”。自宅で素人が赤ちゃんにやるのは大変危険なので耳鼻科を受診しましょう(水圧・浸透圧で色々な器官を傷つけてしまう)。

先生の判断で、まだ小さいから自然に任せることにしました。ひどかったら目薬をして涙代わりするけれど(目やにがとれやすくなる、買った市販の目薬を先生に見てもらい問題ないことを確認)、基本的には放っておきます。

先天性鼻涙管閉塞って病気もあるけどね」

これは生まれつき鼻涙管が詰まっている(鼻涙管に薄い膜がある)病気で、涙が鼻に抜けず生後間もない頃から目やにが涙が多いのが特徴です。この場合は医療機関での受診が大切です。

たかが目やにと思っても「いつもと違う」と思ったら病院で確認することが大切です。できれば“かかりつけ医”をもっておくことをおすすめします。

いつも行っている病院は二子が産まれたところで、小児科もあるので生後0日からお世話になっています。そのため先天性鼻涙管閉塞ではないと判断でき、一時的なものだからと判断できたようです。

【了】

広告

シェアする

3件のフィードバック

  1. 子供の体調は常に変化してるんですね。それと一子さんのトイレ嫌いの件ですが、トイレでおしっこしない子はプールに入れないと言ってきかせてもダメなんでしょうか。

  2. その論法は効きません( ;´・ω・`) “自分だけ入れない”そして“その原因がトイレである”という状況や理由が理解できないようです。
    そもそも“トイレでオシッコ”とお漏らしの違いがうまく理解できていないようで、トイレでオシッコを漏らさないように泣きながら我慢しているのです。1回でもトイレでして、それを誉めれば解ってくれると期待しているのですがσ(^_^;)

  3. みーば様
    無事に一子がトイレでオシッコできました。パンツが吸収しきれずに床に盛大に漏らしてしまい、「いけないことをしちゃった( ´-ω-)」とかなり凹んだのがきっかけになりました。
    プール開きまであと3日、ギリギリセーフ…だといいのですが( ´;゚;∀;゚;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。