○○ペイを始めるなら各社キャンペーン盛りだくさんの今でしょ

最終更新日

Comments: 0

私はクレジットカードを2枚持っています。ポイント還元率の高さで選んだ楽天カード(VISA)がメイン、ヤフーカード(JCB)が保険です。ヤフーカードは年会費永年無料なので特に利用することなく保持だけしていましたが、PayPayの登場により最近私はヤフーカードをメインカードにしようと思っています。

クレジットカードで支払うならば、<クレジットカード決済よりも〇〇Pay決済のクレジットカード払いにした方がお得>です。〇〇Pay決済(クレジットカード支払いを設定)の場合、通常通りもらえるクレジットカード利用分のポイントとは別に〇〇Payのポイントも貯まるからです。

メインとサブの交換案が出ているのは楽天PayとPayPayの利便性・お得感の比較です。どちらもPayPayが勝ります。

特に利便性は圧倒的にPayPayが勝ります。楽天PayはPayPayに比べると利用できる店舗数がかなり少ないです。楽天Payが使えるところはPayPayも使えるので、「あえて楽天Payを使う」感があります。

スポンサードリンク

PayPayは今なんとしても利用者を増やしている段階

PayPayの2019年3月期の決算は売上収益5.9億円に対して販売費・一般管理費が371億円かかっています。つまり約367億円の赤字です。利用者として得ができるから特に文句はないのですが、「あんなに会社がそんしそうなキャンペーンをやっていてなぜ会社が潰れないのか」が不思議です。

しかし、このようなビジネスでは特に驚くほどの赤字ではないとか。

PayPayのような<決済サービスビジネスで安定収益を確保するためには会員をいかに多く集めるかがカギ>になります。そのためには開始からマーケティングやキャンペーン費用はケチらず、膨大な赤字になる覚悟でやっているようです。

〇〇Payは現在利用者を集めている段階。つまり私たち利用者の方が立場が強いので、〇〇Pay側は私たちのお得になるキャンペーンをふんだんに出してきています。つまり、<〇〇Payをやるなら今すぐがお得>ということになります。

PayPayの真の狙いはシステムを導入する店舗オーナー

「10%ポイント還元」「1,000円分相当のポイントがあたる」などのキャンペーンは一見すると消費者向けのようですが、〇〇Pay各社が真の顧客としているのは〇〇Payを導入する側の店舗のオーナーだったりします。

「最近PayPayを使える店が増えた」という印象はありませんか?それはPayPayが初期導入費用・決済手数料・入金手数料の全てを0円にして店舗側のハードルを徹底的に下げたからです。

PayPayを導入している店舗オーナーさんたち何人かに訊いてみると「名前をよく聞くし(初期導入に)特別お金がかかるわけじゃないから導入してみた」と言っていました。それでいてオーナー本人はイマイチ仕組みが分からないからPayPayを利用していないらしいです(笑)。

PayPayが利用できる店舗はPayPayにとってエサです。エサが増えればつり上げられる利用者(一般消費者)が増えることになります。PayPayはこの点で大成功。「〇〇Payと言えばPayPay」という人が多いように、PayPayは知名度が一番高い〇〇Payだと思います。

  ↑
〇〇Payのパイオニアはオリガミペイ。続いてLINEペイと楽天ペイが続いてこの3社がパイオニアだった…ことを知る人は少ない。PayPayが始まりだと思っている人が多い。

PayPayの二番目の狙いはヤフーカードの加入率増加

PayPayはYahoo!カード(ヤフーカード)と連動するとお得な〇〇Payです。「10%ポイント還元」のように10%の還元を受けるには支払方法が限られており、クレジットカード支払いの場合はヤフーカードのみが10%、それ以外のカードはポイント還元対象外だったりします。

PayPay残高にセブン銀行ATMから現金でチャージすれば同等のポイント還元を受けられますが、〇〇Payを使うことのメリットの1つはポイントのW取りです。ただ普通にクレジットカード決済するとポイントは×1倍ですが、〇〇Pay決済でクレジットカード支払いをすればポイントは×2倍です。〇〇Payが推奨するカード、PayPayの場合はヤフーカード支払いをすればポイントは×2倍以上になってお得です。

〇〇Payの過剰な利用者向けお得なキャンペーンはいずれ終わる

約2,000円をPayPayで決済したら1,000円相当のポイントが当たるなど現在のPayPayの還元率は異常なほど高いです。それもこれも〇〇Payビジネスは現在各社が利用者獲得競争をしているからで、十分な利用者が確保されたらこのような過剰なキャンペーンはいずれ終わると予想されます。

つまりこのお得感は今だけ!

思い起こせばコンビニ大手・セブンイレブンの「nanacoカード」の走り出しもそうでした。利用者を増やすためにポイントキャンペーンが沢山ありました。いまでもキャンペーンはありますが、開始当初に比べると激減しています。利用者が十分増えたため、セブンイレブン側もそんな頑張らなくなったのでしょう。

〇〇Payも恐らくそうなる未来が予想できるので、始めるならできるだけ早くやって今のうちに色々試して得をしておいた方が良いです。10月以降はキャッシュレス決済の増税対策があったり、2020年7月からは〇〇Pay決済に対してマイカポイントの付与が始まる予定だったりとするので、利用者側の立場が強いのはきっと今だけです。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。