毎月1万円の拠出から始める個人向け国債

最終更新日

Comments: 0

将来のために毎月1万円を拠出して積立投信をしています(積立投信については「 」を読んでください)。

基本的にプラスとマイナスを行ったり来たり、大儲けもありませんが大損もない状態です(残念ながら何百万円とプラスになる兆候はありません

元本割れはしたくない

普通ならだれもが考えることです。確かに”リスクがあるからリターンも大きい”という理屈は分かりますが、実行に移すには勇気がいります。

元本割れをとにかく防ぎたい人には『個人向け国債』がおすすめのようです。

国債(こくさい)…日本国が発行する債券(借金証書)。「国庫債券」の略。

「個人向け国債」とは発行している国債の中で個人向けに販売されている金融商品です。銀行、証券会社、郵便局などの金融機関で1万円から購入できます(1万円単位)。個人向け国債の大きな特徴は”元本割れしない”ということです。

例えば100万円分の国債を購入したら”日本という国に100万円貸したこと”になります。日本は年に2回利息を支払い、満期を迎えると100万円を返済してくれます。
 ↑
年2回支払われる利息が”利益”になる

国債を購入するときの契約で年に2回利息を支払うこと、満期になったら元本分を満額返済することを約束されています。そのため日本と言う国がある限り破られない約束であり、”国債はリスクがかなり低い安全な金融商品”といわれています。

個人向け国債には「変動10」、「固定5」、「固定3」の3種類があります。「変動10」は10年満期で半年ごとに金利(利率)が変わります。「固定5」「固定3」はそれぞれ5年満期と3年満期で、満期まで金利(利率)は同じです

タイプ別に分析すると”変動型”は長い期間のんびりと資産運用したい人向けの投資商品、”固定型”は比較的短期間で資産運用したい人向けの投資商品と言われています。
  ↑
”固定型”には投資する前から投資結果が分かるメリットがあります。一方で”変動型”には金利の変化に対応しやすく将来の金利の動きにも対応できるというメリットがあります。

国債の購入で問題視されるのが”満期”です。

個人向け国債は発行後1年以内は解約することができません。それ以降はいつでも一部または全額を中途換金(=中途解約)することができます。中途換金した場合は利息が調整額から差し引かれますが、元本に影響することはありません。

個人向け国債は財務省が発行しています。現在購入できる国債については「個人向け国債に関するサイト」(財務省公式サイト)で確認することができます。国債を購入できる金融機関の一覧表もサイトで公開されています(楽天証券などネット証券でも購入可能)。

’16年8月31日まで購入できる個人向け国債の金利は固定型で0.05%(税引き前)になっています。一般的な定期預金の金利は0.01%なので金利は高いと言えます。

【了】

広告

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。