Googleアドセンスで収益を上げる工夫

最終更新日

Comments: 0

先日本サイトの記事数が100を超えました

Googleアドセンスで収益を増やすコツとして、「コンテンツを増やす」とあったので1日1記事を目指してみました。閲覧数が増えたのか、コンテンツ数の増加に伴い収益も増加しました。
GoogleAdsenseの収益変化
Googleアドセンスの基本的なポイントについては「」を読んでください。

今回はGoogleアドセンスで収益を上げる方法について考えてみました。

’17年8月にスマホ版ブログでも広告が表示されるようになり、一気に収益が上がりました。詳しくはを読んでください。

広告

目標は毎月報酬を得ること

Googleアドセンスの報酬が毎月振り込まれるには、最低8,000円の収益を毎月上げる必要があります。この目標を達成するには1日270円の収益が目安になります。そのために必要なことは次の通りです。

・ サイト運営に必要なスキルの習得
・ 継続的なサイト運営
・ オリジナルの文章や写真の使用
・ 管理人が楽しいサイト運営

 私のようなブログ初心者でも、livedoorブログを利用すれば簡単にブログ運営できます。解らないこともネットで検索すれば簡単に改善でき・・・るはず、です。HTMLをちょっと勉強するとコンテンツの見た目がアップします。

継続したサイト運営は大切です。サイト開設して3ヶ月、’16年9月までの推移は次のようになります。
GoogleAdsenseの収益変化
’17年8月までの推移は次のとおりです。更新をサボると閲覧数が減り、広告の表示数が減るので収益も減るようです。
GoogleAdSenseの収益(2017年8月まで)
’18年2月までの推移は次の通りです。スマホ版で表示されるようになり収益はかなりアップしました。スマホ版で表示する方法については」を読んでください。
Googleアドセンス収益の推移(2018年2月まで)

本サイトは日記タイプのブログで、何かに特化した専門サイトではなく「これまでの経験や知識を言語化しているブログ」になります。過去から現在にかけて起きたこと、疑問に思ったこと、調べたこと等の記録・報告・感想がメインとなっています。
  ↑
個人的な意見ですが、インターネットサイトの中でブログは最も簡単に始められます(書くことがある)。毎日生活するなかでネタを探し(育児や良いネタです。ゴメン、娘たち)をしている様な感じです。

理想的な記事について考える

人の注目していること(旬の話題)はいつも違い、普遍的に人気のある記事など日記形式の雑多ブログにはないと思われます。専門性の高いブログじゃないと読者登録したり、定期的なリピーターは望めないと思われます。

実際に私も情報が欲しいときに「〇〇の方法」とGoogle検索し上位に出たものから読んでいくのがほとんどです。それでは検索結果で上位に表示される記事は”理想的な記事”かというとそうとは限りません。しかし読者の多い記事であることは予想できます。
 ↑
Google AdSense的感覚では読者の多い記事になることが収益アップにつながるのであり、読者の満足度よりも重要視できます。でもそんな記事を書いていても「つまらない」と思えてしまうのですつまらなかったらサイトの運営が長く続けられなくなってしまいます。

ストイックに追い求めると負担でしかないので、多少の妥協も必要だと思いながら記事を書いています。結果として意外な記事が人気記事になって私の方が驚いたりしています。

”そこそこのボリューム”についてはGoogle AdSenseも一定のテキスト量を求めているようです。テキスト量(文字数)が少ないと「コンテンツ不十分」と警告してくることがあるそうです。目安としては1記事あたり700~1,000文字以上は欲しいようです。

Googleのコンテンツポリシー

アドセンス広告を掲載しているサイトの場合、サイト内の全コンテンツがGoogleアドセンスの”コンテンツポリシー”を遵守する必要があります。守らない場合はアカウント停止などペナルティがあります

コンテンツポリシーは予告ない変更することがあるので、定期的なチェックをする様に心がけましょう。

Googleアドセンスで禁止されているコンテンツ
・ 成人向けのアダルト
・ 個人、集団、組織を誹謗中傷する内容
・ 著作権を侵害している
・ 薬物、アルコール、タバコの販売
・ ハッキングやトラッキングに関連した内容
・ 報酬を提供している
・ Googleブランドを使用している
・ 暴力的な内容
・ 武器や兵器に関連した内容
・ その他、違法な内容
    
ザックリまとめると、健全な青少年の育成に悪影響を与えるようなコンテンツにアドセンス広告を掲載することが禁止されています。第3者に罪を犯させるようなコンテンツ、犯罪の知識を与えるような記事もNGです。

【了】

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。