Google AdSenseのads.textファイルをXSERVERにアップロードする方法

最終更新日

Comments: 0

1週間ほど前にGoogle AdSenseから次のような【要注意】が通知されました。広告主の要望なので、この要望がでたら私たちは運営するサイトにads.txtを設置する必要があります

Google AdSenseのホーム画面に表示された【要注意】

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください

Google AdSense

しかし、「この問題を今すぐ修正してください」と言われても…何をどうすれば修正できるのか?しかし悩んでいるだけでは問題の解決は不可能!調べながら設置してみました。

スポンサードリンク

ads.txtをレンタルサーバーに設置する

ads.txtファイルを作って、レンタルサーバーの 「public html」ファイル内に保存したら設置完了です。

ads.txtの設置が完了するとGoogleに自動検知され、数日でGoogle AdSenseのホーム画面等に表示されていた注意喚起が消えます。

「メモ帳」でads.txtファイルを作成する

.txtの拡張子が作れるソフトを開きます。Windowsの場合、個人的には「メモ帳」が一番お手軽です。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

重要: 「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 ID に置き換えてください。

広告枠の管理 |ads.txt で認定販売者を宣言する(Google AdSense公式サイト)

メモ帳を開いて上の内容を入力し、「ファイル|名前を付けて保存」を選び、ファイル名に「ads」と入力して、保存形式が「テキスト文書(txt)」になっていることを確認して「保存」する。

レンタルサーバーにファイルを設置する(XSERVERの場合)

XSERVERの「インフォパネル」にログインして、契約一覧(サーバー)から該当するものの「ファイル管理」を選びます。

ファイル管理画面の一番右下にある「 ファイル名の文字コード 」で「UTF-8」を選びます。

ads.txtを導入するサイトのURLを選びます。

「public html」を選択します。

「ファイルのアップロード」で「ファイルの選択」をクリックし、メモ帳で作って保存しておいたads.txtを選択。「選択されていません」が「ads.txt」に変更されたら「アップロード」をクリックします。

ファイル一覧にads.txtが追加されたら終了です。

ads.txtが間違いなく設置されたか確認する方法

1つはGoogle AdSenseのホーム画面などに表示されていた「要注意」が消えていれば問題なく設置されたことになります。

もう1つはGoogle Chromeのような検索エンジンのURL入力欄に、「サイトのURL/ads.txt」と入力して下のようなads.txtファイルが表示されたら設置されたことになります。

google.com, pub-0000000000000000(実際はあなたの運営者ID), DIRECT, f08c47fec0942fa0

ads.txt(アズテキスト)とは何なのか?

ads.txtとは「認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言書」で、宣言することでサイト内(コンテンツ内)のデジタル広告枠が、そのコンテンツの運営者が認定した販売者を通してのみ販売されるようにします。

宣誓書には次の4つを明記します。★がついた3つはGoole AdSense特有のものなのでGoogle AdSenseに関するads.txtを作る場合は全員同じです。他のASP(広告販売主)の宣誓書を作る場合は違う内容になります。

  • 広告配信システムのドメイン名(★) … Google
  • サイト運営者のアカウントID … Google AdSenseのID(pub-16桁の数字)
  • アカウントまたは関係のタイプ(★) … DIRECT
  • 認証機関のID(★) …  f08c47fec0942fa0

参照:ads.txt で認定販売者を宣言する(Google AdSense公式サイト)

今回私が設置したads.txtでは、私のサイト(つづり.com)内に設置した広告枠の販売者としてGoogle AdSenseを認定したことになります。

Googleがads.txtの設置を推奨する目的は?

【ads.txtを設置するメリット】

  • 広告主(Google AdSense)は安心して広告を依頼することができる
  • もし偽装された広告枠に広告収入が流れていた場合、その収益をサイト運営者は獲得することができる

この宣言により、Googleは偽のなりすましサイトへの広告配信を防ぐことができ、広告主(Google)と広告掲載側(私たち)の両方の利益を守ることができます。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。