使い勝手を決める建具を選ぶ4つのポイント

最終更新日

Comments: 0

上棟が終わって建物の中を作り始める工程に移りました。

建物の中は私たちが選んだパーツが多いので、それぞれを発注する前の確認がたくさんくるようになりました。見積もり作成時に打ち合わせてあるのですが最後の確認のようです(常識的に発注したら変更不可

最初の確認はシステムバス一式、サッシ、玄関の扉でした。そして今回は建具です。

『建具』とは一般的に”扉”や”戸”と言われるもので、「開き戸」「引き戸」と種類があります。建具の選択次第で生活のしやすさ(建物の使い勝手)は大きく変化するようです。

今日は建具を選ぶときの4つのポイントをまとめてみました。


広告


扉といっても選択肢はいくつもあります。参考として私たちは次の(1)から(4)の順で決めました。

(1) 「引き戸」か「開き戸」か
(2) 採光部の有無
(3) 鍵の有無
(4) デザイン・色

(1)については図面の作成段階で決めました(引き戸多めです)。(2)から(4)については見積もりを作成するためにLIXILとPanasonicのショールームを見学して決めました(扉はPanasonic製を採用)。
  ↑
ショールームは誰でも見学できるようになっていますが、初回は建築会社の営業に同行してもらった方が色々と手続き・見学が簡単に済みます。

(1) 「引き戸」か「開き戸」か

扉の開け方によって間取り・導線・デッドスペースが変わります。

一般的に部屋の出入り口は引き戸か開き戸が採用されます。納戸やクローゼットのような収納場所には折れ戸や両開き戸が採用されることもあります。

扉の種類によって建物の使い勝手が決まる」といっても過言ではありません

我が家はデッドスペースを減らすために、可能な限り引き戸を選びました。廊下のように家族が行き来する場は引き戸の方が扉が当たらず安全だと思っています。

また扉を薄く開けたままにできるので、湿気の溜まりやすい洗面所等は引き戸の方が通気性が良いと考えました(開き戸だとバタンッと閉まって驚くことも)。

【引き戸のメリット】
● 開口部が広い
● 段差がない

引き戸を天吊りにすると床に仕切ができないため、床が奥まで続くように見えて広く・開放的に見えます。一方で隙間が多いので気密性は低くなります。

開口部の広さはこれからの子育て・老後の介助の役に立つとも思っています。一方でプライベートを大切にしたい場所は気密性が高くて音などが漏れにくい開き戸の方が良いと考えました。

【引き戸のメリット】
● プライベートな空間になりやすい
● 引き戸よりもデザインが豊富

全体的な傾向としては種類が豊富な開き戸の方が人気があります(ドアノブにも凝れる)。さらにデザインに凝りたい人はアンティーク品などを個別に購入するケースもあります(外国製の建具は日本の規格に合わないので設計士に確認した方が良いです)。

(2) 採光部の有無

採光部がある扉を選ぶことで空間を明るくすることができます。

我が家の場合は玄関前の廊下が暗くなりがちですが、東側にある洗面所の扉に採光部を設けたので朝陽が廊下を明るくしてくれます。

採光部に透けガラスを使用するケースは稀ですが、採光部を設けるときは位置や大きさも大事です。あまり大きいと「外に透けて見えるかも」と落ち着かない気分にさせてしまいます。

(3) 鍵の有無

どの扉に鍵をつけるかは家族によります実際に我が家も洗面所の鍵の有無で旦那と意見が一時期割れました(付けて損なしということで旦那が妥協)

実際に暮らし始めて、小さな子どもがいる場合は”ドアの鍵を外から開ける方法”を知っておいた方が良いと痛感しました。鍵を外から開ける方法については「」を読んでください。(2017年9月8日追記)

(4) デザイン・色

既製品の建具はグレードの違いで大きく見た目が異なります。

グレードの低いものを選ぶと「どこかアパートっぽいな」という雰囲気になります。木目のデザインを選んでもニセモノ感が目立ってしまうということもあります。
  ↑
ニセモノ感を出さないためには白単色か反対に濃い色のものを選ぶと良いという意見もあります。

ガラスの入っている扉を使う場合は重さと安全性に注意しましょう。小さな子どもや高齢の人では開け閉めに苦労したり、風が抜けて強く扉が閉まって割れてしまうこともあります。

透明な感じが良ければガラスではなくアクリルを使用するという方法もあるので、建築会社の設計士や営業、ショールームの担当者に相談してみましょう(ガラス部が多いと安っぽい印象になるという傾向あり)。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。