境界杭の復元にかかる費用が1本20万円!?その理由は?

最終更新日

Comments: 0

― 家を建てる土地に境界杭がなかった ―

土地の境界の位置を示す境界杭は、現在の法律では相続するときや売買するときに全て揃っていないといけないことになっています。1本でも欠損していたら復元する義務がありますが、不動産仲介業者の不注意であとから欠損に気づくことも多いです。

問題は誰が境界杭の復元をさせるか、つまり復元に係る費用を負担するかです。

復元については法律で義務化されていますが、誰が負担するべきかは明確になっていません。境界杭の復元にかかる費用は1本約20万円、かなりの金額になるので負担したくないのが心情です。

【境界杭の復元費用を売主に負担してもらう方法】

うちの土地も売買時に境界杭が1本欠損していることが分かりましたが、一番最初に売主さんに提示した『不動産購入申込書』の購入条件に「境界杭の明示」と書いておいたので復元に係る費用は全額売主さんに負担してもらえました。

スポンサードリンク

境界杭の復元に20万円もかかる理由

土地家屋調査士(士業者)に復元依頼をするからです。士業者、つまり「士」がつく職業の人に作業を依頼するときにかかる費用は高額です。

この境界杭の復元にかかる費用として20万円(1本)は目安です。

復元費用は土地の広さ、誰が所有している土地との境界杭か、士業者の3つで大きく変わります。この20万円は約70坪、道(公道)と民地を区切る杭の場合です。

境界杭の復元に必要なプロセス

境界杭は大きく2つのプロセスを経て復元されます。土地家屋調査士さんの行動1つ1つに費用と報酬がかかるのが費用が高額になる理由です。

土地の調査と測量

法務局や道路管理局(県または市)でまず土地に関する調査をし、現地を事前に調査し、実際に現地を測量します。

【調査と測量にかかる費用 ( )内の金額は目安】

  • 関係地権者の所有権調査(15,000~40,000円)
  • 現地調査(35,000円)
  • 現地測量(70,000円~)

「現地調査」といっても所要時間はほんの数分、傍から見てもぐる~っと周囲を見渡して、境界杭を目視で確認しただけです。無資格者の八つ当たりもありますが、「これで35,000円!資格や免許ってすごい!」と思いました。

関係地権者の所有権調査も「こんなに高いの!?」です。関係地権者の所有権は法務局で簡単に調べられるからです。

境界杭を復元

隣接地の所有者および道路管理者立ち合いのもと境界杭を復元します。

【境界杭の復元にかかる費用 ( )内の金額は目安】

  • 復元境界標・分筆境界標設置(30,000円~)
  • 公共用地境界立ち合い(16,000~54,000円)
  • 公共用地境界確認書発行手続き(15,000円)
  • 民地境界立ち合い(1隣接地につき7,400円)
  • 境界確認書取り交わし(1隣接地につき10,000円)

もう全てが「こんなに高いの!?」です。隣地の所有者が遠方の人の場合は交通費もかかり、それも別途請求されるそうです。

境界杭は境界の客観性のために必要

境界杭(境界標)は境界に関して唯一絶対的なものであり、客観的に境界を示す必要があるときに一番優先されるものです。

境界杭で証明される絶対的な境界を「公法上の境界」と言います。一方で、双方の所有者同士で所有権について取り交わすなどで決まった「私法上の境界」がありますが、公法上の境界の方が優先です。

境界杭の素材や大きさに決まりはありません。かつては石や木など自然物を境界杭として使用していましたが、最近ではコンクリート製や金属製の杭やプレートを境界杭(境界標)として使用するのが一般的です。

境界杭は境界線の折れる部分(折れ点)には必ず挿していなければなりません(杭は地中に埋まっていることもあります)。境界杭同士を直線で結べば土地の形・大きさが明確になるようになっています。

境界杭の保全には気を付けるべし!

境界杭の復元費用は1本20万円であり、保全には気を使う必要があります。

【境界杭を破損・紛失する主な原因】

  • ブロック塀の基礎工事
  • 下水工事や道路工事
  • 大型車が踏んでしまう

境界杭は工事のときに壊れてしまうことが一番多いです。工事の頻度を思えば欠損しやすい杭は道路との境界杭、復元にも比較的お金がかかる杭ということになります。

【境界杭保全のために必要な手順】

  1. 工事前に工事業者と共に境界杭を確認する
  2. 工事業者と覚書を取り交わす
  3. 工事完了後、再度工事業者と共に境界杭を確認する
スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。