ドメイン保持者は個人情報が大暴露!それを防ぐWhois情報公開代行とは?

最終更新日

Comments: 0

ドメインを持つときは「誰がこのドメインを保持しているか」が全世界に公開されます。今ではドメイン名は”インターネット資源”と言われており、世界中で調整する必要があるからです。

この”誰が”は「Whios情報」または「Whiosデータ」と言われています。Whios情報の公開義務はICANN公認のレジストラに課せられています(間接的にレジストラ利用者に公開義務がある)。ICANN公認の”レジストラ”としては「お名前.com」などがあります。

実際のWhois情報はこのURL(http://www.onamae.com/domain/whois/)から検索できます。お名前.comのサイトですが、お名前.com以外で取得したドメインでも検索可能です。

例えば衆議院のサイト()のドメイン検索をすると次の写真の様な感じです。個人で登録するとドメイン保持者のIPアドレス、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの登録者情報が世界中で、誰でも閲覧できます

「個人情報を公開されたくない!」と思う個人会員に対し、お名前.comでは<Whios情報公開代行サービス(有料)>があります。Whois情報公開代行サービス(メール転送なし)の利用料は1ドメイン年間980円(税抜)です。例えばドメインを3年契約している場合は3年分が請求されます。

  • 登録しているクレジットカード払い
  • 設定後、数分~30分程度で反映される

このサービスを利用することで個人会員の個人情報を隠すことができます(代わりにWhois情報には”お名前.comがWhois情報を保護している”と次の写真のように表示される

スポンサードリンク



シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。