7PayにクレジットカードでチャージしたいのにエラーXB020が出てカードを登録できない

最終更新日

Comments: 0

2019年7月1日、セブンイレブンアプリでスマホ決済『7Pay』が始まりました。全国のセブンイレブン(20,925店舗)で利用可能です。同時に、これまで利用できなかったPayPay、LINE Pay、メルペイ、AliPay、WeChat Payも利用できるようになりました。

7Payの導入により「セブンイレブンで使った分で、nanacoポイントと楽天カードのポイント(楽天ポイント)のW取りができる」と喜んだのに、普段使いの楽天カードを登録しようとしたら、「入力されたカードはお取扱いできません 登録できるカードを確認のうえ、別カードをお試しください(エラーコード:XB020)」と表示されてしまったんです。

入力内容に誤りもなく、有効期限内なのになぜ?調べてみると同エラーで困っている人が全国各地にたくさんいたようです。

スポンサードリンク

セブンイレブンアプリのTOP画面に『7Pay』ボタンが登場

2019年7月1日以降に【セブンイレブンアプリを新たにインストール】、または【すでにインストール済みのセブンイレブンアプリを更新】するとTOP画面の株に7Payボタンが登場します。

セブンイレブンアプリは今まで『nanacoの残高が分かるポイントカード』な立ち位置で、このアプリだけでは決済できませんでした。しかし今回『7Pay』が登場したことにより、アプリ内で決済もでき、同時にnanacoポイントも貯まるようになりました。

今回の7Pay導入に伴いnanacoポイント付与率が200円で1ポイントに変更となりました(今までは100円で1ポイント)。

『7Pay』はチャージ式のスマホ決済

スマホ決済「〇〇Pay」にはクレジットカードと同じようなタイプのものと、事前にチャージした分を使用するタイプのものがあります。ちょっと前から利用している『楽天Pay』は前者、『7Pay』は後者です。

『7Pay』へのチャージ方法は、現時点では次の6通りです。

  • クレジット/デビットカード
  • セブン銀行(デビットカード)
  • セブン銀行ATM
  • nanacoポイントでチャージ
  • レジで現金チャージ

クレジットカードチャージできるのは3Dセキュア対応カードのみ

チャージ方法の「クレジット/デビットカード」をタップし、表示された画面右上の「カードの追加・削除」をタップしてクレジットカード情報を入力しますが、ここで登録できるクレジットカードは3Dセキュア対応カードのみです。

3Dセキュア非対応のクレジットカードを登録しようとした場合、エラーコードXB020が表示されます。「入力したカードはお取扱いできません」なんて文言なのでカード停止にでもなったかと焦ります(身に覚えなくても)。

3Dセキュア(認証)とは、クレジットカードの各会社が提供している本人認証サービス(3Dセキュア)です。3Dセキュア対応カードの場合、ネットショッピング等でカードを利用するときには事前に登録したパスワードが必要になります(第三者による不正使用を未然に防ぐため)。

ATM画面のQRコードを読み取って現金チャージ

チャージ方法の「セブン銀行ATM」をタップし、表示された画面にチャージ金額を入力します(ATMはおつりがでないので要注意)。

次にセブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」ボタンをタップしてQRコードを表示させたあと、スマホ画面下の「金額を確定して次へ」をタップしてコードリーダーを開きATM画面上のQRコードを読み取ります。

しかし、オレオレ詐欺や還付金詐欺などの特殊詐欺被害者を減らす取り組みとしてATM機の前でスマホ操作している人は注意されるという風潮がある中で7PayにチャージするためとはいえATM機の前でスマホを操作するのは個人的にはイヤです。

nanacoポイントを7Payマネーに即時変換

チャージ方法の「nanacoポイントでチャージ」をタッチすると、現在貯まっているnanacoポイントが表示されるので、「すべてのポイントを使う」か「一部のポイントを使う」を選択してチャージボタンを押せば即時チャージできます。

チャージが完了すると登録したメールアドレスに「【7Pay】nanacoポイントチャージ完了のお知らせ」が届きます。

QRコードをスマホに表示してレジで現金チャージ

店頭でのチャージはレジでの手続きになります。「7Payにチャージする」と言えばチャージできます。今後レジでは「nanacoにチャージする」か「7Payにチャージするか」を言う必要があります。

チャージする金額(現金)を店員さんに渡し、チャージ方法の「レジで現金チャージ」をタッチして表示されたコード画面(バーコードとQRコードの画面)を見せるとチャージできます(表示されたコード画面は5分間のみ有効)。

楽天カードを3Dセキュア対応にする方法

楽天カードを3Dセキュアに対応させるためには、事前に楽天カード会員専用オンラインサービス『楽天e-NAVI』に登録しておきます。

3Dセキュア対応にするには『サービスご利用状況』内の本人認証サービスに登録することでできます。本人認証サービスをタップすると、所有しているクレジットカードの番号等が表示され、パスワード(半角英数記号4~20桁)を登録する画面になります。

登録が完了すると指定のメールアドレスに「認証サービス登録受付完了のお知らせ」が届きます。

楽天カード(VISA)は7Payに登録不可

楽天カードの場合、VISAは7Payに登録できません(JCBは7Payに登録できる)。VISAブランドの場合は発行会社が限られています。

認証サービスに登録したあとに気づきました…なんてこったい。

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。