オムツをしている子の尿検査ってこうやるの

幼稚園に通い出し、毎日開園2時間前から「幼稚園に行こっかな( ゚ 3゚)」とソワソワするほど幼稚園ライフを満喫する一子に難関が現れました。

尿検査です。

現在トイレトレーニング中でまだ一度もトイレでオシッコができていない一子です。毎夜寝るときはオムツの一子なので、採りたい“朝一番のオシッコ”はオムツに吸いとられる可能性が最も高く、コップに採るなんて100%無理です( ´;゚;∀;゚;)

(尿検査まであと○日(・・;)

毎日カウントダウンな母とは対象的に、そんなものがあるとは知らない娘はご機嫌で登園準備をして幼稚園へ向かう車に乗り込みます。

「明日の尿検査ですけど」
来たーーー( ´;゚;∀;゚;)!!

「今日帰るときに容器を持たせるので」
「・・・はい( ;´・ω・`)」

「でも○○ちゃんはまだオムツですよね」
(もしや“免除”とか( *・ω・)?)

期待したのも束の間のことです。

「オムツにガーゼを敷いて、間にラップを挟むとオムツに吸収されません、そのガーゼを絞れば採尿できますので」
「なるほど( ´;゚;∀;゚;)」

「検査しないとプールに入れないので( ^ω^ )」
「・・・はい( ;´・ω・`)」

退路は絶たれ、やらねばならぬことだと痛感させられました(3歳児検診での尿検査は“後日”といわれてウヤムヤになってます)。

「プールには検尿必須ってお漏らし前提?」

旦那に検尿うんぬんについて報告したら他人事のような質問がきました(あなたと私なら私の役目でしょーがね)。調べてみると感染病のチェックではなく、腎臓機能の検査が目的でした。

腎機能に障害があると激しい運動は危険なので運動制限がかかります。通常の遊び、外で走り回るなどは大丈夫な子どもでも、プールは運動量が大き過ぎるので禁止するケースもあるようです。それを見極めるための尿検査のようです(腎機能障害を早期発見するため)。

尿検査のチャンスは本番と予備日の2回です。ここで失敗したら実費での検査になるとお便りに書かれていました(。・`з・)

ちなみに学童期~思春期の子どもは激しく動いた後だと尿に蛋白が漏れ出てしまうこと(体位性蛋白尿)があるそうです。そのため子どもの採尿は朝一番の尿であることが結構大切です。子どもはまだまだ色々な器官が未発達なのだと考えさせられます。

【了】

広告

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください