子どもが嫌いな味だから幼稚園で使う歯磨き粉はミント味限定?おかげで減りが少ないけれど歯磨き粉に使用期限はあるのか?

一斉休校により3月初頭から5月末まで休みだった幼稚園。6月になり隔日登園、半日保育と徐々に保育人数を増やし、7月を明日にひかえて1日保育が始まりました。

昼食を幼稚園でとるようになり、幼稚園もビニール製の卓上仕切りを準備したり大変だったようです。保護者として給食に使う食器セットや歯磨きセットを確認…していたら歯磨き粉の準備をうっかり忘れていました。

娘の通う幼稚園で使う歯磨き粉は【ミント味限定】。

歯磨き粉を食べてしまったり、友だちと味比べ(交換)してしまうという理由のようですが、子ども向けの歯磨き粉はフルーツ味が大半のため【子ども向けだけどミント味の歯磨き粉】は商品が少なく2時間ほど店を転々として見つけ出しました。

子どもが嫌いなミント味で歯磨き粉の食べ過ぎを防ぐ

歯みがき粉は基本的に飲み込むことを前提に作られていないため、1回に使用する程度の量(2cm以下)ならば飲み込んでもほぼ問題ありませんが、大量に飲み込むとやや危険です。

歯みがき粉の洗浄成分(主成分)であるラウリル硫酸塩を過剰に摂取すると、体内のたんぱく質が変異する可能性があります。また、接触性皮膚炎などのアレルギー症状の原因にもなります。

ラウリル硫酸塩は子ども用の歯磨き粉にも普通に使用されています(ラウリル硫酸ナトリウムなど)。このラウリル硫酸塩には発がん性があり、同じく香味料として使用されるサッカリンナトリウムも大量に摂取すると発がん性が現れます。

子ども用では防腐剤が不使用のものも多いですが、防腐剤として使用されることの多い安息香酸は粘膜を刺激するので、過剰に摂取すると胃障害・けいれん・てんかん様けいれんなどの急性毒性が現れます。


ガムなどミント味が苦手な娘でも年中さんのころから幼稚園で使用(年長時も同じ商品を購入)

娘たちが使う【歯磨き粉はフッ化物配合】を必ず選んでいます。

フッ化ナトリウム等の【フッ化物を含む歯磨き粉の日常的使用には虫歯を予防す40る効果があります(予防率は30~40%)。フッ化物配合の歯磨き粉は医薬部外品で、効能・効果として「むし歯の発生および進行の予防」の記載が法律(※) で認められています。

※法律
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

歯の表面にフッ化物を塗って虫歯を予防するフッ素塗布に加えてフッ化物配合の歯磨き粉を使用すると、フッ素塗布のみに比べて【乳歯虫歯の確率を67%減少すること】ができます

日本口腔衛生学会フッ化物応用委員会によると、【幼稚園児(3~5歳)が1回の歯磨きで使用するフッ化物配合歯磨き粉の理想的な量は5mm以下】です(重量にすると1g以下)。

  • 歯の萌え出~2歳 … 切った爪程度の少量
  • 3~5歳 … 5mm以下
  • 6~14歳 … 1cm程度
  • 15歳以上 … 2cm程度

参考:フッ化物配合歯磨剤(e-ヘルスネット)/厚生労働省公式サイト


内容量70g。1回0.5g使った場合は1年間で2本必要になる ※未使用ならば消費期限が3年はあるのでまとめ買いしても問題はない

1年間で幼稚園に行くのは200日前後。内容量70gの歯磨き粉は1年間で2本に必要となります(昼食後の1回で約0.5g使用した場合)。

しかしミント味が娘は好まないのか、普段よりも使用量を少なくしているようで1年間で1本使い切りません。あまった歯磨き粉はどうすべきでしょうか。

使用頻度が少ない歯磨き粉(旅行用など)の消費期限は?

歯科医によると品質劣化や衛生面から【開封後の歯磨き粉は1年以内に使い切るのが理想】とのこと。未使用品ならば3年間は品質が保証されています。

適切な環境下で3年間未開封の状態で保管されていたものの品質が保証できない薬は使用期限を表示するように薬事法で義務付けられています。歯みがき粉は基本的に使用期限が表示されていないので最低3年間の品質が保証されていると考えられます。

●この記事を読んだ人におすすめ●

スポンサードリンク Amazon.co.jp(アマゾン)

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。