産後3週間頃から悪露(おろ)の臭いに悩む

産後から悪露(おろ)の臭いに悩んでいます

”悪露”とは出産後の産褥期間に排出される分泌物で、子宮内に残った胎盤・卵膜・子宮内膜・血液など多くの者が含まれています。血液が混じっているので生理のように赤っぽい悪露は産後4~6週間まで続くのが一般的です。

悪露は産後に子宮が回復していく過程で必要なものです。

出産すると子宮の中が空になり、女性の体は子宮を収縮させて妊娠前の状態に戻ろうとします(「子宮復古」)。子宮収縮をして胎盤や卵膜が剥がれて出血している部分を止血するのです。完全に止血されるまでは血液や体液が分泌され続け、それが悪露として出てくるのです。

悪露の色や量は子宮回復の状態をはかる目安になります。産褥期間は悪露をよく観察して異常を感じたら(血の塊が出てきたなど)すぐに出産した産婦人科に相談するようにしましょう

一般的に悪露は産後3週間目から徐々に治まり始めます。産後5週間を過ぎても悪露が続く場合には医師に相談した方が良いです(悪露の量が多く、臭いや色が強いときは要注意)。

悪露は鉄の混じりの生臭さ(何かが腐ったような感じの臭い)といった独特な臭いです。

最初の頃は血の量が多く生理中と似た血の臭いがしますが、3週間ほど経つと子宮に溜まっていたものからやや腐敗したような臭いがします。

…この3週目頃からの臭いが苦手です

実は一子の出産(自然分娩)のときに子宮にガーゼを置き忘れられ、それが3週目頃に強烈な臭いを放っていたのです。
  ↑
出血状況や産院によっては止血のためにガーゼをいれることがある(当日~2日後に取り出すのが一般的)

このときはどんなにシャワーを浴びても臭いが消えず(原因は体内だったので同然ですが)、同じ室内にいる旦那が眉をしかめるほどでした

しかし初めての子どもだったので、それが異常な状況とは1ヶ月検診まで解らず…そんな経験がトラウマになって悪露の臭いが苦手なのです。

小まめにお産パッドを交換し、ウォシュレットなどを使って常に外陰部を清潔にしておくことで臭いを抑えることができます。

お産パッドがなくなると身近な生理用ナプキンで代用する人が多いですが、臭いが気になる人はお産パッドには抗菌処理などしてあるものがあり臭い対策には有効です。

最初は赤・赤褐色だった悪露の色が茶褐色~黄色に変化したら悪露はほぼ終わりに近づいています。

しかし無理をしたりすると鮮血に戻ったり量が増えたりするので、こういうときは早めに体を休めるようにしましょう。

参考:産婦人科医・高橋しづこ先生監修「【医師監修】産後の悪露(おろ)でママが知っておきたい4つの疑問」(マイナビウーマン子育て)

【了】

広告

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください