妊娠、出産、育児を支援するための公的な制度を紹介

―子どもに慣れていないから子育てに自信がない―

核家族化が進む現代において小さな子どもに慣れていない人はたくさんいます。そんな中で妊娠、出産、子育て、未知の世界に不安だけが先走っている人も多いのではないでしょうか。

小学校4年生の少女がDVの末に命を落としてしまった千葉県の事件では、当時の児童相談所の担当者などの会見が連日報道されています。少女は実父からの暴力に怯えて学校に訴えたものの、結局誰も止めることができずに命を落としてしまいました。躾と称して暴力をふるっていた父親と、それを止めなかった母親(実母)は警察に逮捕されています。

子どもが不幸にならないためにどうしたらいいか、地域の協力を知っておくことが大切だと感じ、今回は埼玉県の支援についてまとめてみました。

スポンサードリンク

出産にお金はあまりかかりません

出産までには何十万円もかかりますが、その大部分を自治体と健康保険の公的補助でまかなうことができます。実際に私は出産後の退院が終わるまでにかかった費用は初回の妊娠検査を除いてほぼ0円でした。

妊婦健診費用補助

妊娠届を市町村の窓口に提出すると、出産までの検診(14回分)の受診券がもらえます。基本的な妊婦健診に加えて、必要な検査費用もまかなえます。但し、病院によっては不足分を自己負担する必要があります。

詳しくは各市町村の保健センターに問い合わせてください。

出産育児一時金

加入している健康保険または国民健康保険から出産時に42万円(または39万円)が支払われます。標準な出産および必要な入院環境ならば出産育児一時金でまかなえます。但し、病院んいよっては不足分を自己負担する必要があります。

42万円は健康保険または国民健康保険から直接出産する医療機関に直接支払われる場合は、一時的であれ自己負担をする必要もありません。

詳しくは出産する医療機関または保険証に記載された保険者(〇〇健康保険)に問い合わせてください。夫が被保険者でも、配偶者(妻)の出産に出産一時金を活用することができます。

出産手当金

会社勤めをしていて健康保険に加入している女性の場合、仕事を休んで減ってしまった給料の一部をもらえることがあります。

詳しくは保険証に記載された保険者(〇〇健康保険)に問い合わせてください。市町村国保にこの制度はありません。

自治体は母子保健サービスを提供している

妊産婦を対象として保健指導、家庭訪問、妊娠・出産に対する不安を解消して子育てに関することを実技で学ぶための母親(両親)学級を各自治体で開催しています。

また、出産後まもなく乳児のいる家庭に保健師等が訪問して育児に関する相談に応じる「こんにちは赤ちゃん事業」を埼玉県および各自治体は実施しています。

また、地域の子育て支援担当課では主に0歳から3歳の子どもの育児について相談にのったり、保護者が気軽に利用できる交流スペースを提供し仲間作りのサポートをしています。地域の子育て支援拠点(子育て支援センター、つどいの広場などの名称)は各中学校区に1ヶ所程度あります。

生活が困難な場合は勇気を出して相談

出産に限らず、今の環境を改善したい場合は勇気を出して相談してみる必要があります。

生活保護

出産にかかる費用に限らず生活自体が困難な場合に最低限度の生活を保障する制度です。また、自立して暮らしを支えることが出来るように応援することを目的としています。

詳しくは、市に住んでいる人は市の福祉事務所、町村に住んでいる人は県の福祉事務所に問い合わせてください。

夫なパートナーの暴力がひどい場合

DVを受けているときは専門機関に相談します。

埼玉県配偶者暴力相談支援センター
婦人相談センター
048-863-6060
埼玉県配偶者暴力相談支援センター
男女共同参画推進センターWith Youさいたま
048-600-3800
住んでいる市町村の国保担当課

DV(ドメスティックバイオレンス)とは、殴る、蹴る、暴言、生活費を渡してくれないなどがあげられます。

DVで逃げているなどの事情により国民健康保険が使えない場合は、新しい住まいで自分自身が国保に加入出来る場合があります。所得が少ない場合など、通常よりも保険料が安くなることがあります。

子どもを育てることができない場合

どうしても自分で子どもを育てられない場合は、自治体や児童相談所に相談するとよいです。児童相談所では子どもについての様々な相談に応じ、問題解決に必要な指導や援助を行ってくれます。

里親制度

専門の研修を受けた家庭が子どもを預かります。預ける期間は、数日間の短期間から子どもが18歳になるまでの長期間など様々です。

乳児院

0歳から2歳までの子どもを預かる施設です。

養子縁組制度

代わりに育ててくれる親に、法律上も親になってもらう制度です。

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。