ビタミンK2シロップで新生児のビタミンK不足を防ぐ

ケイツーシロップ(ビタミンK2シロップ)は新生児と乳幼児のビタミンK不足を補う薬です。医療機関の方針や赤ちゃんの状態により、ビタミンK2シロップを投与するタイミングや量は異なります。

次女が生まれた病院からは、生後すぐ、退院するとき(生後5日目)、生後1ヶ月目の計3回の服用と言われました(私が服用させたのは1ヶ月目のみ)。

「ビタミンK2シロップとは何を予防するための薬なのか」をまとめました。

スポンサードリンク

ビタミンK欠乏性出血症を予防する薬

ビタミンKが不足すると「ビタミンK欠乏性出血症」になる恐れがあります。

ビタミンK欠乏性出血症:生後すぐの時期に赤ちゃんが皮膚やへそから、胃腸でで出血すること。また、生後1~2か月の頃に頭蓋内出血を起こす赤ちゃんもいる。

ビタミンK欠乏性出血症はビタミンK2シロップの適切な投与でほとんど予防することができます。基本的には出生時・生後1週間(産科退院時)・1か月健診時の計3回の服用です。

森永の粉ミルク「はぐくみ」にはビタミンKが含まれている

人工的な粉ミルクを飲ませていると定期的にビタミンKも補給することができますが、 母乳だけだとビタミンKが不足することがあります。 完全母乳の赤ちゃんの場合は不足する可能性もあります。そのため、完全母乳の場合は3回服用したあとも生後3か月頃までは週1回服薬することもあります。

ビタミンKにはどんな効果がある?

ビタミンKは出血したときに血液を固まらせる働きに関係があります。 血液を固める成分を肝臓がつくるときにビタミンKが消費されます。赤ちゃんは基本的な栄養を母体からもらって生まれてきますが、ビタミンKは胎盤を透過しにくいため生後すぐに不足しがちです。

また、 ビタミンKには他にも骨の主成分であるカルシウムの石灰化をサポートして丈夫な骨を作り、骨がスカスカになるのを防ぐ効果もあります。骨の形成にはビタミンDも重要です。乳幼児におすすめなビタミンDの補給方法は肝油ドロップですが、おおよそ1歳以上にならないと肝油ドロップの服用は難しいです。

参考:カワイ肝油ドロップS(河合薬品公式サイト)

1ヶ月後に飲ませ忘れた場合は?

ビタミンK2シロップの服用は、ほとんどの赤ちゃんが予防目的なので1ヶ月目に飲ませ忘れても気づいたときに飲ませれば大丈夫なことがほとんどです(治療目的の場合の飲み忘れは別)。

但し、まとめて飲ませてはいけません!1回の用量(1回1ml)は必ず守ります。

授乳中はビタミンKを積極的に摂取

授乳中は納豆や野菜を積極的に摂取すると、母乳に含まれるビタミンKを増やすことができます。

スポンサードリンク
0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください