35週目の妊婦、正期産はまだかと心待ち

「できるだけ胎内で育てなさいよ」

妊娠を告げたとき以来、母から毎度繰り返された忠告です。その忠告が効いたのか順調に正期産の時期が近づいてきました。

正期産とは出産しても胎児に問題のない時期の出産で、在胎37週0日から41週6日までの期間を指します(分娩予定日は在胎40週0日)。

いつ陣痛が始まってもおかしくないのでこの頃までに入院準備や里帰りする人は移動をすませておくことが大切です。入院準備については「」を読んでください。

【在胎週数と出産】
流産… 22週未満
早産… 22週以降37週未満
正期産…37週以降42週未満
過期産…42週以降

正産期については担当してもらっている産婦人科医に教えてもらいました(「何週目以降の出産ならば赤ちゃんに問題はないか」という質問に対する答え)。

産婦人科医によると正期産の時期になれば赤ちゃんは体の機能が十分発達しているので出産になっても問題ないと考えられているようです。

今回は正期産を中心に妊娠36週目からの妊婦健診・注意点、妊娠37週目以降の注意点についてまとめてみました。

本記事は八千代病院産婦人科医長・加藤医師監修の「妊娠36週目、赤ちゃんの様子・ママの体の変化は?」(マイナビウーマン 子育て)を参考にまとめました。

広告

正期産直前、妊娠36週とは?

『正期産』は妊娠37週から妊娠41週と定義されています(日本産婦人科学会による定義)。

正期産の直前となる妊娠36週目の妊婦健診から毎週健診が必要になります。検査項目も増え、子宮収縮と胎児の状態をチェックする「ノンストレステスト(NST)」も始まります
  ↑
病院により実施しないこともある
(エコーで心音をチェックしているなど、担当医が不要と判断した場合はNSTは行わない)

【ノンストレステスト(NST)】
子宮の張り(収縮)がない穏やかな状態に胎児の心拍数を調べるための検査(所要時間約40分)。「胎児心拍数モニタリング」ともいう。

2つのベルトを妊婦のおなかに巻いて1つで胎児の心拍を、もう1つで子宮の収縮状態を診断する。この検査はベルトを軽く巻くだけで痛みなどはなく、ベッドやリクライニングチェアで楽な姿勢をとりながらモニタリングされる。

基本的に妊娠34週前後から始まる検査だが、妊娠中毒症や糖尿病だと診断されている妊婦や胎児に何か異常が見られる場合は早めに検査されることもある(自己負担の場合は2千円~3千円 ※病院による)。

妊娠36週目になると平均的に胎児の体重が2500gを超えます。出生体重2500gは『低出生体重児』のボーダーラインです。

胎児が大きくなり骨盤にかかる負担が大きくなります。痛みが伴うなどあまり動きたくない気分にもなりますが、妊婦や赤ちゃんの体重増加を防ぐために無理のない範囲で運動は続けるようにしましょう(体調の良くない日は無理をする必要はない)。

※散歩する場合は万が一に備えて家族などに付き合ってもらいましょう。

【低出生体重児】
2500g未満の出生体重で生まれた赤ちゃんのこと。以前は『未熟児』と表現していましたが、現在では『低出生体重児』と呼ばれることが一般的。

また出生体重が1500g未満の場合は『極低出生体重児』、1000g未満の場合は『超低出生体重児』と分類される。

低出生体重児の抱えるリスク
・合併症や後遺症が出やすい
・肝芽腫が発症しやすい
(正出生体重児と比較した場合)

参考:わだ小児科クリニック・和田医師監修「低出生体重児の持つ2つのリスクは? 原因・後遺症の可能性・発育について」(マイナビウーマン 子育て)

妊娠36週頃になると子宮が下がり始め、胃の圧迫がかなり軽減されるので食欲が戻り食べ過ぎになりがちになるので注意しましょう(体重増加は難産につながる可能性あり)。

胃の圧迫が軽減される分、下がってきた胎児により膀胱が圧迫されるので頻尿・尿漏れに悩むことが増えます(ナプキンや尿漏れパッドで対応すると良い)。

陣痛は個人差が激しすぎる!

出産の兆候として分かりやすいのが”陣痛”です。初産の妊婦さんは陣痛の間隔が10分おき、経産の妊婦さんは陣痛の間隔が15分おきになったら病院にいく合図です。

…が、「これが陣痛だ」という説明は難しいです(感覚のことであり、個人差もあるので)

あっという間のことで病院に行けず自宅で出産してしまった場合、大量の出血をしてしまった場合等、お産に異常がある場合を除いて病院には自家用車(自分では運転しない)か陣痛タクシーを利用しましょう。
  ↑
普通のお産で救急車を呼ぶケースが増加
(異常があったら掛かりつけ医に連絡し指示を仰ぐ。救急車も医師が手配した方が一般的に早い)

【陣痛タクシー】
全国で拡がっている妊婦さん向けのサービス(事前登録制で登録は無料の場合が多い)。

事前に登録しておくことで陣痛時に病院まで送り届けてくれる(普通にタクシーを呼んだ場合は「責任がもてない」等の理由で乗車を断られることがある)。乗車料金については後払いが可能な場合もある。

タクシー会社によっては妊婦が希望する相手に陣痛が起きたことを報せてくれるサービスまである。

埼玉県では陣痛タクシーのサービスが全国的に見て非常に充実しています。地元のタクシー会社に確認してみましょう(ネット検索は「自治体名 陣痛タクシー」がおすすめ)。

また基本的には年中無休・24時間対応のサービスであることが多いですが、タクシー会社によっては対応時間が決まっていることがあります(事前に確認が必要)。

例外的に分娩施設まで徒歩で1~2分と言う場合は医師の許可を得て徒歩で病院施設に向かいましょう。但しこの場合は誰かに一緒についてきてもらうようにしましょう。
  ↑
私はこの例外に該当しますが、状況によっては3才の娘を連れて病院に行くことになるので地元の陣痛タクシーに登録しました。

破水したら慌てずに病院へ

子宮は水風船のようなもので、その中で胎児は成長してきました。水風船は自然に割れることもあれば、何かしらの要因を与えて割れることもあります。

破水すると胎児が外の細菌などに感染する恐れ(感染症の恐れ)が発生します。そのため破水したらお風呂、シャワー、ウォシュレットなど細菌感染する恐れのある行為は全てNGになります。

因みに陣痛と同じく破水も個人差があるので「これが破水だ」という説明は難しいです。

尿漏れと間違える妊婦さんもいるため判断の難しいところですが、「いつもと違う」「破水かも」と思ったらまずはかかりつけの産婦人科医に連絡して判断を仰ぎましょう。

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。