桐生の手染め工房が富岡のおかって市場で展示会

最終更新日

Comments: 0

「科〇研の女」など京都が舞台のテレビドラマを見ると伝統工芸・工芸品に興味を持ちます。群馬県桐生市にある手染め工房『りっぷる洋品店』が、群馬県富岡市の『おかって市場』で展示会をすると聞いて行ってきました。

『おかって市場』は富岡市役所の前にあり、世界遺産『富岡製糸場』の裏手にあります。大正時代に建てられた繭の乾燥場を改装し、地域活性化を目的として利用しているそうです。地元や近隣の農家さんが野菜を売っていました。
IMAG1399_おかって市場
納屋のような古い建物を使ったマルシェ ( 綴)

店舗情報
おかって市場

 所在地   群馬県富岡市富岡1450
        (富岡市役所前)
 営業時間 9:00~19:00(日曜日17:00閉店)
 定休日   なし(1/1~1/3は休み)

9月8日(木)~9月11日(日)の期間、展示会をしていたりっぷる洋品店の製品は婦人服、エプロン、ストールなどです。全て手染めで、全て1点ものでした。値段がストールで7,500円~、エプロンで9,500円~と結構高いので目を楽しませることに。染め上げられた自然の色合いはとてもキレイでした。

店舗情報
りっぷる洋品店

 所在地  群馬県桐生市小曽根町4-45
 営業日  毎月1日~7日
       (定休日の間違いではありません)
 営業時間 11:00~19:00
 公式サイト http://www.ripple-garden.com/ 

西の西陣、東の桐生
岡田 幸夫
上毛新聞社
2005-04


「西の西陣、東の桐生」、桐生市の歴史と染物

IMAG1401_りっぷる洋服店
今秋のトレンドの葡萄色。店員さんの許可をもらって撮影 ( 綴)

京都の西陣織を知っている人は多いでしょう。群馬県の桐生市もそれに並ぶくらい技術の高い織物の街だったそうです。「富岡製糸場があったから」だと私は思っていましたが、調べると逆でした。富岡製糸場ができたのは明治時代ですが桐生の絹織物業はそれよりずっと昔から、奈良時代に朝廷へ絹を献上した記録も残っているそうです。

桐生の織物産業は江戸幕府にも将来性を評価され、近隣の農村部では養蚕が盛んに行われました。しかし江戸では「織物と言えば西陣」が定着しています。ここで『桐生』と言われるためには技術向上・技術革新が必要だったそうです。

そこで桐生が考えたのは西陣の技術を導入することです。桐生は西陣の織物師を招き入れて西陣の技術を導入し、本格的に高級絹織物の大量生産ができるようになったそうです。その後も桐生は発展し続け、紡績工業都市へと成長したそうです。

リップル洋品店は天然染料を使用しているようです。天然染料について調べると様々なものが染料として使用されるようです。染色は染料とそれを布に定着させる媒染剤の化学反応を利用しているようです。媒染剤も灰汁(あく)やミョウバンなど様々な種類があるようです。

赤系の天然染料の代表例
 ● 紅花 … 花を使って赤く染める
 ● 茜 … 値を使って赤く染める

日本古来の天然染料はこの2つですが、輸入された天然染料として蘇芳や猩々緋などもあります。

青系の天然染料の代表例
 ● 藍(インディゴ)

青系の天然染料はほとんど藍です。藍は1つの植物の名前ではなく、様々な植物から作られます。世界各地に藍染はありますが、日本の藍染ではタデ科の蓼藍が使用されるようです。

紺は藍を最も濃く発色させたもので、藍の濃淡によって色の名前は縹(はなだ)、浅葱(あさぎ)などに名前を変えるようです。緑系の色(萌黄など)は藍と黄色の染料をかけ合せてできるようです。

黄色系の天然染料の代表例
 ● カリヤス(刈安)
 ● キハダ(黄檗)
 ● ウコン
 ● クチナシ

桐生市観光協会では天然染色研究所で天然染色のワークショップを開催しているようです。父の陶芸作品の記事でも書きましたが、いろいろなワークショップがあるんですね。

染色のワークショップでは染色経験40年の職人がアドバイスしてくれて、草木染教室や手織り体験などができるそうです(事前予約が必要な場合があります)。

店舗案内
天然染色研究所

 所在地    群馬県桐生市本町1-3-9
 電話番号  0277-43-1089
 営業時間  10:00~18:00(日曜日は休館)
 駐車場    あり(2台分)

【出典参考】
桐生の歴史(桐生再生)
http://saisei.kiryu.jp/Kiryu-rekishi.html

【関連記事】
● 

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。