長野堰が”世界かんがい施設遺産”に登録

最終更新日

Comments: 0

高崎市の中央を東西に横断するように作られた用水路・長野堰(ながのせき)が世界かんがい施設遺産に登録されたと広報誌にあったので早速行ってみました。用水路に沿って自転車・歩行者しか通れない遊歩道があり、娘を好き放題に歩かせることができました(交通量はとても少ないですが、車が通る部分もあるので注意は必要)。
IMAG2804_長野堰
用水路に沿って柵もあったので落ちる心配なし photo by tuduri

今日は長野堰の歴史と遊歩道の脇にあった昔ながらの雰囲気を残す喫茶店「きゃらばん」を紹介します。きゃらばんの店内は映画撮影に使われるほど雰囲気がありました(映画の情報は店内に貼られたポスターより)。

店舗情報
きゃらばん
住所    〒370-0068 群馬県高崎市昭和町209
電話番号 027-323-4670
営業時間 10:00~20:00
   定休日 月曜日

▽”きゃらばん”が撮影に使われた映画

ばかもの [DVD]
成宮寛貴
TCエンタテインメント
2011-06-03


広告

長野堰は子どもとの散歩にピッタリ

長野堰が2016年11月8日にタイのチェンマイで開催された国際かんがい排水委員会の国際執行理事会において”世界かんがい施設遺産”に登録されました(国内では長野堰を含む14施設が認定)。

世界かんがい施設遺産とは?

かんがい(灌漑)とは”農地に外部から人工的に水を供給すること”で、かんがい施設を作ることで社会が大きく発展してきました(かんがい施設を作る→農地の生産性が著しく高まる→余剰生産物が生まれてその他の職業が発展する→国家が潤い軍隊を維持費用、王侯貴族の生活を支える)。

”世界かんがい施設遺産”とは建設から100年以上経過した歴史的・技術的価値のあるかんがい施設です。登録することによりかんがい施設が持続的に活用・保全され、研究者や一般市民への教育の機会となり施設の維持管理に関する意識が向上することが期待されます(農林水産省公式サイト)。
IMAG2801_秋の遊歩道
地域に根づく遊歩道は通学路だったり散歩道だったり photo by tuduri

長野堰の歴史と特長

長野堰の造成は約1100年前と言われており、戦国時代の箕輪城主・長野業政公(1491-1561年)が現代の形を作ったそうです(伝説では長野氏の祖先は伊勢物語の主人公・在原業平とか)。
IMAG2807_長野堰の案内板
遊歩道にあった案内板より photo by tuduri

高崎の街は台地になっており、一級河川である烏川と井野川に挟まれていながら水に恵まれない不毛の地でした。平安時代にこの地を治めていた長野氏はそんな高崎に長野堰を作ることにより、烏川の水を高崎市内に引き込んで農業生産を向上させ市民生活の基礎を築きました。約600年後に長野業政は現在の原型を作ります。世は戦国時代で高崎の支配者はその後変わっていきますが、用水路は延ばされ整備が続けられたようです。

用水路なので必要に応じて分流していきますが、水は市民生活の基盤となるため”どれだけ水を分けてくれるか”をいうのは争いの元だったようです。長野堰も下流(城東小学校南側の地点)で4つの水路に分流しますが、やっぱり揉めたようです。それを解決したのは”円筒分水堰”です。円筒分水堰はサイフォンの原理を利用して水量を公平に分けるという斬新なシステムとなっています。

長野堰沿いに30年以上前からある喫茶店

長野堰のほんの一部を歩いただけですが、小さな娘には良い運動になったようで途中で抱っこをせがまれました。約11kgになった娘は重く、帰り道の途中にあった喫茶店「きゃらばん」に立ち寄ることにしました。
IMAG2813_きゃらばん
コーヒーのにおいが染み込んだ店内 photo by tuduri

「きゃらばん」は群馬でも老舗のコーヒー専門店のようです(1976年創業)。扱う珈琲豆は世界各国の等級の高い豆(30種類)がじっくりと低温で焙煎し熟成されています。提供される珈琲は手造り手縫いの厚手のネルドリップでまろやかな味わいです(”ブレンド”はブラジルベース)。

食材にも配慮しているようで、壁に貼られたコーヒーゼリーの案内を見るとゼラチンリーフのみを使って作られているそうです。お昼どきだったのでランチを注文しました(各セット:980円+tax)。30年以上前から変わらないポテトピザが人気のようですが、グラタン好きな娘と食べるのでポテトグラタンセットを注文しました。
IMAG2814_ポテトグラタン
ベーコンの上にポテトが敷きつめられたグラタン photo by tuduri

「パスタの標準サイズが200g」という高崎には”大盛り”の店が多いので30代にはきっついものがあり、高崎でご飯を食べるときはいつも緊張します。「きゃらばん」のランチを見たときはホッとしましたが…油断しました。たっぷりポテトにチーズがみっちり敷かれたグラタンはお腹に溜まりました。娘とシェアして良かったです

【参考/出典】
● かんがい(灌漑)/Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%8C%E6%BC%91
● 世界かんがい施設遺産/農林水産省
  http://www.maff.go.jp/j/nousin/kaigai/ICID/his/his.html
● 長野業正(業政)/Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/
● 長野堰/Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。