人気!ガトーフェスタ ハラダの夏季限定商品を紹介

最終更新日

Comments: 0

旅行や出張に行くと家族や同僚に買って買える「お土産」に悩みますよね?でも迷わない旅行先というのが全国にいくつかあります。その1つが仙台市です。仙台に行ったらやっぱりお土産は『萩の月』、定番の人気お土産です。他にも浜松に行ったら『うなぎパイ』などがあります。

さて、そんな”定番の”お土産になりつつあるのが群馬県のラスクです。それも『ガトーフェスタ ハラダ』の『グーテ・デ・ロワ(王様のお菓子)』です。青・白・赤の三色のパッケージを見たことはありませんか?「見た目は高そうだけど安い」、「個装でたくさん入っている」、そして「大きいけれど軽い」というお土産にピッタリな三拍子がそろっています。

今では群馬県内だけでなく、東京のデパ地下でも人気を博すなど有名になっているお菓子です。逆に都内の人からすると「あ、あれは群馬県に本社があるんだ」と驚くかもしれませんね。群馬県にはその有名菓子店の工場および直営店があり、定番のラスク以外にも季節限定品、そして工場直営店でだけ買える限定商品があります。

先日の記事に書いた通り、ワインにハマっている我が家が気に入っているのは『グーテ・デ・ロワ ソムリエ イタリアン』です。甘くないラスクでトマト、バジル、ニンニクなどを生地に練り込まれています。パッケージをあけるとふわっとトマトとバジルの香り、ラスクはきれいなトマト色をしています。トマトが好きな娘の大好物でもあります。

IMAG1262_ラスク
食べながら寝てしまった娘の手のラスク(撮影:綴)

ガトーフェスタ ハラダさんの広報部に了承を頂き同社の今年の夏の限定商品と、今回同社の了承を得るにいたった著作権について紹介します。

ガトーフェスタ ハラダ直営店
 新本館シャトー・デュ・ボヌール
      住所: 群馬県高崎市新町1207
          (R17号沿い)
   電話番号: 0274-43-1100
   営業時間: 10:00~19:00

 ららん藤岡店
      住所: 群馬県藤岡市中1131-8
          (道の駅 ららん藤岡)
   電話番号: 0274-40-7611
   営業時間: 9:30~19:00

 中山道店
      住所: 群馬県高崎市新町2669
          (旧中山道沿い)
   電話番号: 0274-42-0001
   営業時間: 9:00~18:00

群馬ルール
都会生活研究プロジェクト[群馬チーム]
KADOKAWA/中経出版
2014-10-31

ガトーフェスタ ハラダの夏季限定品に舌鼓

IMAG1247_ラスク
ワインに合わせたくなるパッケージ (撮影:綴)

「グーテ・デ・ロワ ソムリエ イタリアン」は2015年8月から発売されている夏季限定商品です(9月一杯で発売終了予定)。ガトーラスク「グーテ・デ・ロワ」はバターの香る甘いお菓子ですが、オードブルラスクである「ソムリエ イタリアン」は食べるとバジルとニンニク、そして濃厚なトマトの香りがします。

先日の記事に書いた通りワインにハマってきた今日この頃、もう販売期間も終わりにも近いと思うととても残念です。無くなる前に簡易箱の15枚入りを買ってこようと思います(写真はテイスティングボックスで4枚入りです)。

同じ夏の限定品の一つで今年我が家でヒットしたのがコーヒーゼリー「フレッシュ」です。1個230円(税抜)でちょっと高いかな~と思っていましたが、義母からもらって食べたら病み付きになりました。コーヒーゼリーなのに淹れたての香りをしていて、深いコクと口どけが良いゼリーです。

ゼリーにはクリームとスプーンがついているのでお土産にしても手間なしです。義弟夫婦は大量にゼリーをお土産に買って帰りました。

ガトーフェスタ ハラダでは生菓子やフランスパンなど工場直営店でのみ販売しているお菓子があります。未だ買ったことはないのですが、美味しいという話を聞いています。10月からは2016年秋~2017年春の限定品も出るのでチェックです。秋冬は特にチョコレートが美味しくなるので楽しみです。

パッケージ写真の無断掲載は著作権侵害!


IMAG1263_コーヒーゼリー
夏らしいさわやかなパッケージ (撮影:綴)

今回記事に写真を掲載するにあたり、ガトーフェスタ ハラダさんのお客様相談室に了承を得るために連絡しました。いまは暗黙の了解で勝手に掲載されても許してくれるところが多いそうですが、公明正大なブログ運営をするためにも写真掲載について許可を頂きました。

写真で問題になるのは著作権と肖像権です。

著作権
様々な表現形式で思想・感情を創作的に表現した著作物については著作者に全ての権利があり、本人以外が無断で利用するなどしてはいけない

肖像権
肖像に帰属される人権。例えば写っている人に許可なくブログに写真を掲載するなど利用してはいけない

今回のようにパッケージの写真を無断で載せたら著作権侵害になってしまいます。今回問い合わせたところ、商品を転売するなど商用目的ではないため許可を頂きました。店舗の写真を載せようかと思いましたが、店員さんの顔が分かる程度に映ってしまったので掲載しませんでした。

ブログのように何を掲載するかは個人の自由ですが、誰でも見れるからこそ注意が必要だと考えられます。全員が私と同じような取り方をしてくれれば誤解もなく問題がないのですが、読み手を限定していないためどう伝わるかは分かりません。「そんなつもりじゃなかった」と後悔しないように、念には念を入れて問題にならないように気をつけたいと思っています。

【参考・出典】
著作権 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%

【関連記事】

【更新履歴】
2016.9.5 店名と商品名の一部誤りを修正

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。