銀座のハチミツ!?都市と自然の共生を目指す「銀座ミツバチプロジェクト」

最終更新日

Comments: 0

「東京の中心はどこか?」

東京をよく知る人には異論があるかもしれませんが、私のイメージでは銀座です。そんな銀座でハチミツを作っていることを知っていますか?

ハチミツ作りは蜂が集まる必要があり、安全対策のためにも田舎の周囲に何もないところでやっているイメージがありましたが、銀座にあるビルなどでハチミツを作っていることをある漫画を介して知りました。

インターネットで調べてみると、「銀座ミツバチプロジェクト<GINPACHI>」という活動を知ることができます。
   
   銀座ミツバチプロジェクト<GINPACHI> http://www.gin-pachi.jp/
銀座ミツバチプロジェクト(prtSc)

都市や市街地でハチミツを作るという取り組みはパリのオペラ座・ガルニエ宮でも実施されています。このハチミツは「オペラ座の蜂蜜/Le Miel Recolte sur les toits de l’Opera de Paris」と言われ、パリのお土産としても人気があるそうです。

広告

銀座のビルの屋上で蜂蜜作り

銀座ミツバチプロジェクトは食についてのシンポジウムを開催してきた「銀座食学塾」と、銀座の街の歴史や文化を学んできた「銀座の街研究会」の有志たちを中心にしたNPO法人です。活動拠点は銀座にある紙パルプ会館(東京都中央区銀座3-9-11)の屋上です。

銀座ミツバチプロジェクトの活動目的
 ● ミツバチの飼育を通じて銀座の環境・生態系を感じる
 ● 採れたハチミツ使って銀座と共生する

ミツバチの活動範囲は4キロ四方と言われています。歴史ある銀座には立派な街路樹がそびえ、銀座周辺には皇居、浜離宮があり、ミツバチの活動範囲には緑がたくさんあります。銀座ハチミツはソメイヨシノ、マロニエ、ユリノキなど、周辺の樹の種類が豊富なので色々な味を楽しめるようです。

銀座は『職人の街』でもあります。銀座ミツバチプロジェクトのメンバーにはバーの支配人やパティシエがいるため、採れたハチミツはカクテルや洋菓子などに形を変えています。2016年は松屋銀座の地下1Fの銀座文明堂で、「銀座はちみつカステラ」が販売されているようです。

銀座のように都市部でのハチミツ作りは大阪・梅田でも実施されています(「梅田ミツバチプロジェクト」)。こちらはNPO法人ではなく、フランス語で”ミツバチ”を意味する『ラベイユ/L’ABEILLE』という企業が実施しているようです。

ラベイユは国内に複数店舗がありますが、梅田で採れた「梅田のはちみつ」はラベイユ梅田(阪急梅田本店)でのみ購入できるようです。

   梅田ミツバチプロジェクト (ラベイユ/L’ABEILLE)
   http://www.labeille.jp/csr/umeda-hachi/

梅田ミツバチプロジェクトの活動目的
● 地域と一体の持続可能な都市自然環境を作る
● 農村部と都市部の橋渡しを行う
● 養蜂活動を通じて市街地の緑化を推進
  (ヒートアイランド現象の緩和)
● 地域社会の交流・発展
  (顔の見える社会や街づくり)
● 食育の推進

【出典】
● 銀座ハチミツプロジェクト
  http://www.gin-pachi.jp/
● はちみつ専門店 ラベイユ
  http://www.labeille.jp/index.html

スポンサードリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。