36週目!妊婦検診のGBS検査で赤ちゃんの産道感染を防ぐ

36週目の妊婦健診で<GBS検査>をしました(結果は陰性(-)でした)。

GBSは”B群溶血性レンサ球菌”という細菌で、弱毒性で抗生物質もよく効きます。実は、B群溶血性レンサ球菌は人間の体に普通にいる常在菌です。

しかし、抵抗力の弱い赤ちゃんが出産のときにB群溶血性レンサ球菌に感染すると(産道感染)、稀にですが、重大な病気を起こすことがあります。

 

GBS検査は妊娠後期の検診、33~27週頃の実施が推奨されています。

綿棒などの検査器具で膣の入口付近と肛門周辺をこすって検体を採取します。妊娠初期~中期に検査をしてしまうことがありますが、赤ちゃんが未だいるその時期の検査にはあまり意味がなく後期に再検査する必要があります。

GBS検査で陽性が出た場合、出産時に産道感染予防をします(産道感染を危惧して帝王切開で出産することはありません)。

具体的な例としては、陣痛が始まった段階で、母体に抗生物質(アンピシリン)を点滴することになります。陣痛開始前に破水した場合、自然分娩の途中で帝王切開に切り替えた場合も感染予防の治療を行います

 

妊娠中のGBS検査で陽性の出る妊婦さんは全体の2~3割です。そのうち、新生児が産道感染して新生児GBS感染症が発症するのは約1%です(ママの抗体が赤ちゃんの病気を防ぐ)。新型GBS感染症では、肺炎・敗血症・髄膜炎などを起こします。

参考:国立成育医療センター周産期診療部産科医長・久保医師監修「B群溶連菌とは?GBS検査について」(プレママタウン)

 

[blogcard url=”http://xn--k9jc5i.com/family-finances/support/examination-support/”]

広告

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください