赤ちゃんには毒!?1歳未満の乳幼児にハチミツがいけない理由

私はハチミツが好きでホットケーキやヨーグルトにはたっぷりかけますが、1歳未満の子どもには絶対にハチミツを食べさせてはいけないというのは常識です。

その理由は猛毒ボツリヌス菌です。2017年3月にも生後6ヶ月の男の子がハチミツを食べて死亡した事例が発生しました。

腸内環境が整っていない乳幼児がハチミツを食べると『乳児ボツリヌス症』を発症する可能性があります

ハチミツに混じっているボツリヌス菌の卵(芽胞)を体内に取り込むと体内で育ち、増殖して毒素を出して感染症を引き起こします。腸内環境が整っていれば十分な抵抗力があるので感染症を引き起こすことはありません(よほど抵抗力が落ちていない限り大丈夫)。

腸内環境は生後12ヶ月ほどで整うとされており、実際に乳児ボツリヌス症を発症する確率は生後12ヶ月未満が最も多いです(1歳未満の乳幼児は免疫力も低い)。

ボツリヌス菌への感染は経口感染です。授乳期にハチミツを食べたからといって、母乳にボツリヌス菌が混じることはありません。ハチミツを食べた口で赤ちゃんにキスをしたりするのはもちろん危険です。

 

「哺乳瓶を洗うスポンジに蜂蜜がついていることも?」

一度不安になると気になってしまうものですが、しっかりと洗剤で洗ったあとに100℃以上の高温で1~2分間哺乳瓶を煮沸消毒すれば大丈夫です。

基本的に1歳未満の乳幼児のそばにハチミツを近づけないようにしましょう。しかし万が一ということもあります。もし1歳未満の乳幼児がハチミツを食べてしまったら生後6ヶ月未満の場合は直ちに医療機関を受診、1歳未満の場合は要経過観察しましょう

ボツリヌス菌の潜伏期間は3~30日間と長く、異常が出ても原因を突き止めるために時間がかかることもある(乳幼児突然死症候群(SIDS)が疑われることもある)

乳児ボツリヌス症を発症すると便秘になり、いつもより元気がなくなります。うんちがでない、泣き声が弱くなった、母乳やミルクを飲まない、無表情になる、よだれが増えたなどいつもと違う症状が出たらボツリヌス症の可能性を考えて(心当たりがあれば)医療機関を受診しましょう。

症状が進行すると眼球運動の麻痺、無呼吸など深刻な症状がでてきます。

 

[blogcard url=”https://xn--k9jc5i.com/child-care/baby/5mounths-babyfoods/”]

広告

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください