脂肪が燃える!?1日3杯のコーヒーで健康的な美人になれる!さらに病気のリスクも低くなる!

100mlのコーヒーには約60mgのカフェインが含まれています。

カフェインはアルカロイドという化合物の仲間で、覚醒作用や解熱鎮痛作用があります。カフェインの感受性は個人差が大きく、摂取頻度・摂取量・体重・健康状態などにも左右されます。許容量よりも遥かに多いカフェインを摂取した場合、焦燥感・不眠・不安やイライラの原因・頭痛・不整脈など体に異常が起きる場合もあります。

以上のようなことがあるため、比較的少量で許容量を超える傾向がある小児・妊婦・授乳中の人は避けるように提唱されることがあります。その結果、いつの間にか「カフェインは体によくない」というイメージが植え付けられましたが、【適度なカフェインの摂取は体に良い効果】があります(成人の場合はコーヒー3~5杯)。

  • 覚醒作用
  • 血管拡張作用
  • 交感神経刺激(基礎代謝促進)
  • 胃酸分泌促進作用
  • 利尿作用

カフェインは摂取後約30分で脳に到達し、その作用により【計算力・記憶力の向上、疲労の抑制、運動能力の向上に役立つ】という研究結果が出ています。またカフェインは交感神経を刺激する作用があり【体脂肪の燃焼が促進される】ことが知られています。

コーヒーに含まれるポリフェノールには【血糖値を下げる】【シミの原因となるメラニンの生成を抑える】効果があります。ポリフェノールの摂取に注目すると、インスタントコーヒーよりもドリップして淹れた(レギュラー)コーヒーの方が良いです(レギュラーコーヒーの方が約5倍多い)。

ポリフェノールの1つであるクロロゲン酸には食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。血糖値を急にあげるとインスリンが大量に分泌され、余ったインスリンは脂肪に変わってしまいます。食事ではインスリンを必要以上に分泌させないことが重要です。

  ↑
食後の血糖値は一般的に+40mg/dL。そこにクロロゲン酸が作用すると+20~+30mg/dL程度に抑えられます。

シミの原因になるメラミンは色素細胞が角化細胞から指示を受けて作られます。ポリフェノールはその指示を3割ほど減少させる効果があります(メラミンの生成量が3割減)。

最後にコーヒーの香り。この香りには【脳のアルファ波を多く出す】効果があります。仕事や勉強の合間にコーヒーを飲むとリラックス効果が高まるため、休憩の効果が大きくなります。

特にリラックス効果が高い香りはグアテマラとブルーマウンテンです(研究結果あり)。一方で、情報処理が早くなる香りはブラジルサントス、マンデリン、ハワイコナです(こちらも研究結果あり)

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください