格安スマホ利用者が自分で機種変するときの注意!SIMフリー端末なら何でも使えるわけではない!

旦那が使っているスマートフォン(スマホ)の液晶がおかしくなりました。画面上部が黒く欠けたようになったのが始めで、いまは徐々にこの黒い部分が侵攻しています。

理系のヲタクの思考をコミカルに描いた『ぼく、オタリーマン。』(ebookjapanで購入可能)に『説明書を読まなくなったら家電』という件がありました。その通り、今やスマホのスマホの必要性は冷蔵庫や電子レンジレベルの必需品です。

毎日使うものでストレスを感じるのが耐えられない旦那は早速スマホの機種変を検討し始めました。

『機種変と言えばショップ店頭に行き申し込む』が今までのやり方。旦那もUQ mobileの店頭に行き、気に入ったスマホ本体の在庫チェックを依頼したようですが…2週間経っても音沙汰なし!

比較的こらえ性のない旦那はしびれを切らし(2週間待っただけ奇跡)、ネットで検索したら見つけました。そこで旦那は自分で機種変することにしました。

ここで旦那が気にしたのはネットで検索して出てきた「SIMフリー端末は何でも使えるのかどうか(=現行プランのまま使用できるのか)」です。UQ mobileに確認した結果、次の2つの確認が取れれば使用できるとのこと。

  • いま利用しているSIMカードと同じサイズかどうか
  • UQ mobileの動作確認端末一覧にあるかどうか

格安SIMカードのサイズには3種類ある

無料写真素材なら【写真AC】
  • 標準SIM
  • micro SIM
  • nano SIM

現在のSIMカードのサイズには3種類があります。『標準』とありますが、2019年夏の主流はnano(ナノ)です。

現在使っているSIMカードのサイズと購入したい端末で使うサイズが違う場合はSIMカードの変更手続きが必要となります。UQ mobileのSIMカードはサイズを⾃由に選ぶことができるようになっています。小→大にすることはできませんが、「標準→microまたはnano」または「micro→nano」への変更は可能です。

UQ mobileが調査した動作確認端末一覧を確認

無料写真素材なら【写真AC】

UQ mobileではUQ mobileの通信サービスを利用できる動作確認済みの端末一覧をホームページ上で公開しています。

動作確認済みの端末一覧 |UQ mobile公式サイト

UQ mobile店頭やオンラインショップ以外で端末を購入する場合、例えばAmazon等でSIMフリー端末を購入するときは上の動作確認済み端末一覧で事前に確認しておくことが大切です。

格安スマホの本体価格は3万円台が中心

無料写真素材なら【写真AC】

格安スマホの本体価格は3万円台が中心で大部分が5万円以下です。ハイスペックな機種だと7万円以上のモデルもラインナップされています。

逆に、3万円未満で購入できるスマホ本体もあります。発売から1年以上経った古いモデル、スペックが低い等が安い理由ですが、いま使っている端末より新しければ良いと考える人は多いです。

※ゲームアプリをよく利用する人はOSやCPUが新しいバージョンで、内蔵メモリが多い方が良いです(アプリの更新に対応するため)

スマホの脳であるCPUは新型の方が優秀

無料写真素材なら【写真AC】

CPUはスマホの頭脳にあたるパーツです。新しい型式のほうが優れており、コア数が多い方が情報を速く処理できます。

Google、シャープ、ASUS、OPPOなどの本体に搭載されているCPUはクアルコム社製で「Snapdragon 〇〇」という型式になっています。〇〇には数字が入り、数字が大きいほどハイスペックになります。

Snapdragonのシェア率が高いですが、AppleやHUAWEIは自分たちで開発したCPUを搭載しています。Apple(iPhone)のCPUの型式は「Apple 〇〇」、HUAWEIは「HUAWEI Kirin 〇〇」、名前は違いますが〇〇に入る数字が大きい方がハイスペックになる点は同じです。

2019年夏現在のCPUコア数はオクタコアが主流で、たまにヘキサコアの端末があります。オクタは8個、ヘキサは6個を意味します。

メモリを目一杯使った肥満スマホは動きが悪い

無料写真素材なら【写真AC】

現在(2019年夏)の内蔵メモリ(ROM)の主流は64GBです。3万円~5万円の機種は大体64GBです。7万円以上のハイスペックな端末になると128GBだったりします。

一方で、3万円未満の端末は32GBであることが多いです。少ない!と思うかもしれませんが、ほんの数年前は16GBが主流だったことを考えると十分早いかと思います。

※高画質なデータを受信する機会が多い人はROMを大き目に!(配信される画像の質も上がるのでデータ容量も多くなりがち)

端末の内蔵メモリがいっぱいになるとメールの受信やアプリの更新ができなくなります。アプリの起動もめちゃくちゃ遅くなります。スマホ決済もサクサクッとはできなくなります。

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。