住民票異動時の注意(住宅を購入した場合)

建物の引き渡し日が決まり、火災保険の契約、建物の表題登記、住宅ローンの契約などイベントが目白押しです。建物の表題登記のためには建物を囲む足場を外す必要があり、本日外し始めていました。
ネットが外れてむき出しになった足場
引き渡しを前にいろいろ手続きを始めたら「新しい住所は?」と聞かれる機会が増えました。2016年9月15日の記事に書いていて、住居番号申請をすっかり忘れていました。これから家を作ろうと思っている方は、早めに新築住宅の住居番号申請をするようにしましょう!!私は月曜日に急いで申請してきます!!

広告

住居番号申請は住民票異動より前に余裕をもって

引っ越し日が近づいてくると銀行やクレジットカードなどの住所変更手続きを開始します。場合によっては登録されている旧住所に変更届が届いてくることもあり、早めの住所変更が大切です。

”住所”といっても地番と住居番号の2種類があります。転居先が住居表示実施地区の場合は住居番号、それ以外の地域では地番が住所になります。一応住居表示地区も地番で郵便物が届きますが(宅急便は難しい)、配達した郵便局員に注意されるのが一般的です。

新築の場合は住居番号申請が必要

住居表示実施地区内で新築・改築をした場合は住居番号の申請が必要です。住居番号を申請することで建物に住居番号が付き住所が確定します(土地の地番をそのまま住所として使用することはできない)。申請は所有者の他に建築業者などの代理人が行うことができます。

住居番号の申請は確認済証が発行され、玄関の位置が確認できるようになったら申請できます(申請書に完成予定日の記入が必要)。住民票の異動は住居番号が付与されていないとできないので、申請は住民票異動の手続きよりも前に余裕をもって行いましょう。住居番号の付定まで申請まで1週間程度かかります。

地番と住居番号に関する詳細記事
(September 15, 2016 )

住民票は引っ越し日から14日以内の異動が原則

住民票は住民基本台帳法で引っ越し日(転入した日)から14日以内に異動手続きをすることが決められています。法律上は14日以内に異動手続きをしない場合は違反となり、行政罰である過料(かりょう)が課せられる可能性があります。過料は最高5万円です。しかしある程度情状酌量が認められ、役所の担当者から注意はうけるものの罰則が科せられるまで至るケースはあまりありません。

因みに「転入した日」とは賃貸物件の契約日や引っ越し日(荷物を運び入れた日)ではなく、実際にその住所に住みだしたと認識した日(生活の本拠を移した日)となります。

住民票以外の申請も忘れずに!

児童手当の申請や医療費の控除申請など、小さな子ども等がいる場合は住民票以外にも色々な手続きが必要です(高齢者や障害者の場合もその様ですが、詳細を知らないので省略します)。

引っ越しするときに出ていく市区町村の役所に提出
● 転出届
● 印鑑証明の廃止届 ※該当者のみ。印鑑登録証は返却
● 国民健康保険の資格喪失届 ※国民健康保険加入者のみ
● 児童手当受給事由消滅届 ※ 7歳未満の子どもがいる養育者のみ

出ていく市区町村の役所では「転出証明書」(転出届を受理されたらもらえる)と児童手当受給者は所得証明書(所得証明書は1月1日に住民票があった市区町村の税務課で所得可能)を手に入れます。

特に児童手当は国からもらっていると勘違いしているケースが多いのですが、自治体で支給されているので児童手当は住んでいる市区町村以外の市区町村に異動する場合は新たに申請が必要です。このとき申請に所得証明が必要なので、旧住所で所得証明を取得するのを忘れないようにしましょう

引っ越したときに新たに住む市区町村の役所に提出
● 転入届(転出届を添付)
● 国民健康保険の加入 ※旧市町村で国民健康保険加入していた人のみ
● 国民年金の住所変更 ※該当者のみ
● 児童手当の認定申請(所得証明書を添付)

住所変更手続き忘れを防ぐ”引越れんらく帳”

電気、ガス、水道などライフラインの手続き(住所変更手続き)、銀行、クレジットカード、保険のなどの住所変更手続きは何かと面倒で手続きを忘れがちです。そんな手続きを忘れないために便利なのが「引越れんらく帳(http://www.hikkoshi-line.jp/)」です。

東京電力のグループ会社が提供しているサービスですが、利用対象は全国で利用料金はかかりません(無料)。ただ未だ加入していない事業者(引越れんらく帳で一括変更手続きができない会社)が多く、「メリットがあまりない」「逆に手続きし忘れそう」という意見もあります。

郵便物の転送手続き(転送開始)はポストを設置してから!

アパート暮らしの長い身だと忘れがちなのですが、一戸建ての玄関扉はポストがないものがほとんどです。そのため別途ポストをつける必要があります(門扉と一体型、独立型あり)。

「玄関先に置いておいてもらえる」「ポストがなければ手渡ししてくれる」と考える人も多いようですが、原則として郵便物は設置された受取箱に投函されることとなっています(郵便法)。郵便物の転送開始日は郵便ポストを設置した日以降にするようにしましょう(年賀状のシーズンは要注意!)。郵便物の転送手続きもインターネットでできる様になりました(e転居 https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/

【関連記事】
(September 15, 2016)

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。