10年以上ノータッチ、旧姓で登録住所も古い口座の解約方法

―使っていない口座だから解約したい―

放置している口座を持っていても仕方がないと思い、2018年1月から『休眠預金等活用法』が施行されたのを機に 三井住友銀行の普通口座を解約することにしました。

大手都市銀行の口座ですが、地方には支店は少ないので埼玉りそな銀行やネット銀行の方が使い勝手が良いです。地方生活しかしたことない私がなぜ三井住友銀行の口座を持っているのかというと、10年以上前に就職するときに給与振込先として三井住友銀行の普通口座が必要だったからです。

会社の主要取引先である都市銀行か大手都市銀行しか振込口座に指定できない時代の話です。コンビニATMの走りの時期、通帳レス化が始まった頃でネット銀行なんてあまり身近でなかったので三井住友銀行の口座を使い続けるのは不便でした。就職後しばらくして給与振込口座を新生銀行の口座に変更したので、それから今までずっと放置していました。

スポンサードリンク

問い合せ前に口座に関することを確認

  • キャッシュカードあり(口座番号はわかる)
  • 通帳レスなので通帳はない
  • 多分これだと思える届出印はある
  • 平成18年(2006年)頃からずっと放置している
  • 口座の名義は旧姓のまま
  • 口座開設後から7、8回住所を変更している
  • 口座開設後から1回携帯の電話番号を変えている

放置して10年以上、現在の口座にはどんな情報が登録しているのかは不明でした。まずは、この状態で三井住友銀行の最寄りの支店(熊谷支店)に問い合わせました。

三井住友銀行 熊谷支店
住所〒360-0042
埼玉県熊谷市本町1-104 (熊谷市本町バス停前)
電話番号048-523-1801
窓口営業時間平日 9:00~15:00
土日 営業無し

「無理です」とか「そんなに放置されても困ります」とか言われると思ったのでドキドキ…でも、杞憂でした。

コールセンターの担当の人は丁寧にやり方を教えてくれました。問い合わせ内容に対して特に困っている感じもなかったので(「ちょっと待ってください」と確認に待たされることも無し)、私みたいな人は意外と多いかもしれないです。

解約手続きはどの店舗(支店)でも可能

  1. 運転免許証など身分を証明できる顔写真付きの公的書類(有効期限内)
  2. キャッシュカードまたは通帳
  3. 届け印
  4. 現在の名前で通常使用している印鑑(旧姓のままの人の場合)

以上4点をもって最寄りの支店に行きます。姓が変わったことや、住所の履歴を追える役所の書類が必要だと思っていました(それが面倒だった)。
  ↑
普通の口座解約とほぼ一緒(4番目の現在の印鑑が異なる)

解約の手続きは口座開設した店舗に限らず、どこの店舗でもできます(三井住友銀行公式サイトで店舗検索できます)。そのため、問い合せをした熊谷支店に行って手続きしました。

店舗ではまず届け印の陰影確認をします。

届け印があれば後は簡単、口座の氏名や住所等の登録内容を変更する書類と解約(全額引出)の書類を作成したら終わりました。キャッシュカードはその場でハサミを入れて回収してもらえました。

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。