元本割れが怖いなら国債がおすすめ!『個人向け国債』は1万円から購入できる(1万円単位)

無料写真素材なら【写真AC】

将来のために楽天証券の投資信託を利用しています。プロが代わって運用してくれる点と大儲けはないが大損もない点が私の好みです。

資産運用の話でよく上がるのが「元本割れするんでしょ?」です。そう、資産運用の中でも投資信託は比較的リスクが低いとっても元本割れする可能性はゼロではありません。

「銀行が頼りにならないいま元本割れを気にしてもしょうがない」と聞きますが、元本割れしたくないという気持ちは誰もが思うことです。リスクがあるからリターンも多いのは確かですが、それを実行に移すには勇気がいります。

そんな元本割れが怖い人にオススメの投資先が【個人向け国債】です。

国債(こくさい)とは国庫債券の略称で、日本という”国”が発行する債券(借金証券)です。個人向け国債とは発行している国債の中で【個人向けに販売されている金融商品】で、【日本国にお金を貸して利子をつけて返してもらう】というカラクリです。

個人向け国債は銀行・証券会社・郵便局等の金融機関で1万円から1万円単位で購入できます。楽天証券でも購入できるようです。

日本は国債を持っている人(企業や国のときもある)に対して年に2回利息を支払います。

国債が満期を迎えると満額返金されるので、この年2回支払われる利息が『利益』になります。

国債を購入するときに私たちは日本国と契約を交わします。契約の中では「年に2回利息を支払うこと」と「満期になったら元本を満額返済すること」を約束しています。

この約束は日本という国が存在する限り有効なので、国債は「リスクが低い安全な金融商品」として扱われています。

いま個人向け国債の満期には10年、5年、3年があります。10年満期の国債『変動10』は半年ごとに金利(利率)が変わります。5年満期、3年満期のものはそれぞれ『固定5』『固定3』といわれ満期まで金利(利率)は変わりません。

固定型には投資前から投資結果が分かるメリットがあります。変動型は将来の金利の動きに対応するため投資結果は分かりません(元本割れはない)。

国債購入時に注意するのは満期です。

まず個人向け国債は満期が何年のものでも1年以内は解約することができません。それ以降はいつでも一部または全額を中途換金できますが、途中解約すると調整手数料(調整額)が発生します※。

※元本に影響することはない

個人向け国債は財務省が発行します。現在購入できる国債の種類や金融機関(一覧)は財務省の公式サイトで確認できます。

個人向け国債に関するサイト|財務省公式サイト

2016年8月31日まで購入できる個人向け債権の金利は固定型で0.05%(税引前)です。一般的な定期預金の金利は0.01%なので金利は高めに設定されていることが分かります。

スポンサードリンク

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。