資産管理アプリのマネーフォワードを試してみた

プレジデントWOMANで紹介されていたマネーアプリ「マネーフォワード」(Money Forward, Inc.)をインストールしました(無料※アプリ内課金あり)。

プレミアム会員は月額500円(今だけ30日間無料)で、理想の家計を元に家計診断したり、レポート機能で家計推移がチェックできる。

マネーフォワードは家計の無駄を発見して”お知らせ”してくれる<家計が改善できる自動家計簿>です。面倒な入力がいらないのでストレスフリー、銀行の口座やクレジットカードと連携して給料の振込や引き落としが自動で記録されます。

「気軽にインストールしたら便利すぎた」というコメントにつられました。

家計簿をはじめる
Googleアカウント、Facebookアカウント、メールアドレスのいずれかで始めることができます。

IDとPWをこれ以上増やしたくないので、Googleアドセンスで使用しているGoogleアカウント(@gmail.com)で始めました。

プロフィール登録
性別、誕生年、都道府県、職業の選択をします。

サービスを連携
銀行、証券口座、クレジットカード、電子マネー(nanacoなど)、通販(Amazon.co.jpなど)、ポイントなどの情報と連携することができます。

電子マネーでnanacoを連携したらnanacoポイント、通販で楽天市場(my Rakuten)を連携したら楽天ポイントも自動的にポイントの連携に追加されました。

「これも連携できるの?」ってくらい充実していて、これ1つで<全ての資産情報が”見える化”できる>というのが分かりました(ちょっと怖い)。

支出は一部を除き自動的に「食費」「交際費」等に分類してくれます。支出の偏りや生活習慣の見直しに役立ちます。

ネット口座を同じ画面で一緒に確認できるので、きちんと引き落としで来ているかどうかの確認もできます(特にゆうちょが便利※ゆうちょダイレクトへの登録が必要)。

現金支出に関しては手入力もしくはレシート撮影

プレミアム会員になると家計診断をしてくれて、自分と似たタイプの家計の理想的なものと比較して最適な支出額や家計のバランスをレクチャーしてくれるようです(プレミアム会員ではないので未確認)。

初めて直ぐに家計改善ができるわけではありませんが、ズボラな人でもお金の収支が把握できるという点では便利なアプリ(ネット情報を上手に活用している点がよい)だと感じました。

最初は無駄の多さに目を覆いたくなるようですが

<お金が貯まる人の習慣>

  • 貯蓄、投資のために毎月決まった額を天引きしている
  • 生活用の口座とは別に貯蓄用の口座がある
  • 申請して得られるお金は手に入れる(補助金、助成金、還付金など)
  • ふるさと納税をしたことがある
  • 投資経験がある
  • NISAを活用している
  • iDeCoを活用している

参考:プレジデントWOMAN(2018年8月号)

スポンサードリンク



0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。