若い人は要注意!急性の糖尿病「ペットボトル症候群」(清涼飲料ケトーシス)の原因はジュースの飲み過ぎ!

旦那の弟家族が遊びに来て泊まった部屋のゴミ箱に大量のペットボトルのゴミがありビックリ!義妹に訊くと飲んだのは2歳の甥っ子で、「朝から晩までずっとジュースを飲んでいる」「ジュースを入れた哺乳瓶をずっとくわえている(寝ているときも)」とのこと。

…糖尿病は大丈夫か?

調べてみると甘いソフトドリンク(清涼飲料水)の飲み過ぎは健康に悪い。甘いソフトドリンクの飲み過ぎると『ペットボトル症候群』になる可能性があります

『ペットボトル症候群(清涼飲料ケトーシス)』とは糖を多く含む清涼飲料を飲み過ぎて血液中のブドウ糖やケトン体が異常に高くなる病気です。

熱中症予防などでスポーツドリンクを飲む機会が増えるときに注意したい状態です(水分補給はスポーツドリンクの他に水やお茶も混ぜて糖分の摂取を抑える)。「急性の糖尿病」と言われるペットボトル症候群は早めの治療が重要です。

ペットボトル症候群の主な症状

  • 意識レベル低下
  • 喉や口が乾く(口渇)
  • オシッコの頻度・量が増える(多尿)
  • 体がだるい(倦怠感)
  • 腹痛
  • 吐き気

血糖値が上がる
  ↓
血液中の糖分の濃度を下げるために水分を欲する(口渇)
  ↓
水分を取る量が増えて尿の量が増加

喉が乾いたときの水分補給にまた甘い清涼飲料水をのむと更に血糖値が上がります。多尿により水分が減れば血中の糖濃度はさらに高くなり高血糖は悪化します。

高血糖になると血液の浸透圧が上昇するため、体の細胞機能に異常が現れます。特に、脳は高浸透圧の異常による影響を受けやすく、ひどい場合は意識障害、昏睡状態になります。

病名にある『ケトーシス』とはケトン体の量が通常より多い血液の状態を指します。

ケトン体は脂肪を分解したときに発生する代謝成分です。血糖値が急激に上がってインスリンが正常に機能しなくなると、ヒトの体はエネルギー源である糖を分解することができなくなり、代わりに脂肪をエネルギー源として分解し始めるため血中のケトン体が増え始めます。

ケトン体が増えることで通常はアルカリ性の血液が酸性になります。血液が酸性になる異常状態を「アシドーシス」といい、ケトン体増加で血液が酸性になる異常状態は「ケトアシドーシス(高ケトン血症)」と言われます。ケトアシドーシスが悪化すると意識障害や昏睡状態に陥ることがあります。

血糖値の急上昇によりインスリンが上手く作用しなくなる状態は生活習慣病の1つである『2型糖尿病』に相当します。2型糖尿病は生活習慣が原因で患うことが多く、若い世代を中心に幅広い年代で発症しています。

1型糖尿病のようにβ細胞(肝臓にあるインスリンを出す細胞)が破壊されたわけではないので生活習慣を改善すれば完治します。ただ状況を改善せずにそのまま2型糖尿病を患い続けると1型糖尿病を患う可能性が高くなります(1型糖尿病を患うとインスリン製剤を使った治療が必要)。

ペットボトル症候群による2型糖尿病の場合、糖の摂取量を減らす事をメインとしてインスリンの作用不足を改善し、血糖値を下げていくことで病気の進行を防ぎ、合併症を予防していきます。

スポンサードリンク
0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。