院内処方と院外処方のどっちを選ぶ?患者は利便性、安全性、医療費、サービス何を重視するか

我が家のかかりつけ医は院内薬局で、私は利便性と医療費の観点から院内薬局のメリットは大きいと感じています。

しかし現状では院内処方を選択している医療機関は全体の3割ほどで少数派です。中には院外処方が普通だと思っている人もいます。

今回は院内処方と院外処方について、院内処方を中心にまとめました。

私は院内処方の方を好んでいますが、どちらも一長一短なので「何を重視するか」個人の判断が大切です。

院内処方の方が院外処方よりも利便性が高い

院内処方の最大のメリットは利便性の高さです。

診察を受けた病院の薬局で薬を受け取ることを院内処方といい、診察を受けた病院で処方箋をもらい調剤薬局で薬を受け取ることを院外処方といいます。医療機関のすぐ傍にあり、その医療機関の処方箋を主に扱う調剤薬局(「門前薬局」)でも別機関なので院外になります。

院内処方の場合は窓口で処方薬を受け取り、診察料と処方薬に関する費用をまとめて払います。外に出る必要なく、窓口を転々とすることなく、財布を出すのも一度で済むので院内処方は大変便利です。

院内処方は院外に比べて窓口での負担額が低い

風邪で診察を受けたときの明細書(院内処方)

利便性の高さと並ぶ院内処方のメリットに、処方薬に関する費用の窓口での負担額が院外処方に比べてかなり安いことがあります。実際に我が家の医療費も院内処方の病院がかかりつけ医になったことで安くなりました(約1/2に減少)。

例.風邪で内服薬2剤(5日分)、解熱剤1剤を処方した場合

院内処方院外処方(目安)
※処方薬局により若干の金額の違いがあり
調剤料(内服・頓服) 90円
処方料       420円
調剤技術基本料    80円
薬剤情報提供料   100円
手帳記載加算     30円

処方せん料 680円
調剤料(内服) 500円
調剤料(頓服) 210円
調剤基本料   410円
薬剤服用歴管理指導料 500円
院内処方料合計
720円(3割負担 220円+整剤料)
院外処方料合計
2,300円(3割負担 690円+整剤料)

参考: 「院内処方とは?」(外旭川サテライトクリニック公式サイト)

スポンサードリンク

0
1 2 3

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。