「病院の薬はやっぱりすごい」を実感した話

二子の予防接種(四種混合)のついでに、ここ数日私が患っている風邪(喉の痛みと鼻水。平熱)診てもらいました。

「“お母さん”だから即効がいいよね」

今までなら弱めの薬で様子見つつ服用という主義の先生ですが、4ヶ月の赤ちゃんを看ている点を考慮してやや強めの即効性の高いらしい薬を処方してくれました。

「これで治らなかったら点滴だから」
「マジですか!Σ( ̄□ ̄;)」

ほぼ背水の陣で処方された薬は次の3つです。

・セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg
・PL配合顆粒(白)
・レスプレン錠30mg(白)

セフカペンピボキシル塩酸塩錠は抗生物質(セフェム系)で、感染症に効くそうです。

PL配合顆粒は総合感冒薬(非ピリン系。解熱鎮痛薬や抗ヒスタミン薬など4つの有効成分あり)で喉の炎症や鼻水などに効くようです。しかし副作用もあり、私の場合はかなり眠くなります(´д⊂)また一定の病気を患っている人は飲めなかったり、併用する薬に注意が必要だったりと処方にあたり注意が必要になようです
  ↑
だから“お薬手帳”は大切

レスプレン錠は咳を鎮め、痰を出しやすくしてくれる薬のようです。しかし前の2つが副作用や併用についての注意をしているのに対し、レスプレン錠の注意は「噛むと苦味がでる」でした。

(錠剤はどれも噛むと苦そうだけど( ゚ 3゚))

特筆するほどの苦さには興味が出ますが、苦いのは嫌なので全て水で飲み込むことにしました。PL配合顆粒は飲みやすいように少し甘くなっています。

たった1回の服用で変化があり、喉の炎症がかなり楽になり咳が激減しました。

処方薬ってすごい( ・`д・´)

3回目の服用の頃には喉に軽い違和感程度で、1日でここまでの回復かと感服しました。それまでの数日間、『龍角散ダイレクト』と『のどぬーるスプレー』を容量無視で使い続けていた時間がもったいないです


広告

【目次】
・ 見出し1
・ 見出し2
・ 見出し3
・ 見出し4
・ まとめ

見出し1

本文

見出し2

本文

見出し3

本文

見出し4

本文

まとめ

本文

スポンサードリンク

0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください