0歳児のママ必見!虫歯予防のポイントと簡単なコツ

子どものハミガキ粉はフッ素配合のものを選ぶようにしています。3歳児検診のときにフッ素コートをして以来、フッ素は大切にしています。フッ素は歯の再石灰化をサポートし、虫歯になりにくい歯(酸に強い歯)にしてくれます。

乳幼児(歯の生えはじめ~3歳くらいまで)の場合、フッ化ナトリウムが500ppm程度含まれたフッ化物入りジェルを使うと良いようです。仕上げ磨きのあとにちょっと、ゴマ1粒程度をつけます。また自宅でできるフッ素塗布スプレーもあります。

[amazon_link asins=’B0053EYPUO’ template=’ProductCarousel’ store=’tuduri-22′ marketplace=’JP’ link_id=’920dded4-94a4-11e8-82b9-9f57da82a66f’]

ミュータンス菌をうつさない

歯がはえていない時期は虫歯の心配はありませんが、歯がなくてもミュータンス菌はうつってしまいます。パパやママ、そして赤ちゃんの兄姉から赤ちゃんにミュータンス菌がうつらないように注意しなければいけません。

パパやママは早いうちに歯医者さんにいき検診を受けておくことをおすすめします。虫歯ができて歯医者さんに通うのはとても大変です(詳しくは「歯は大事!歯石を取って歯周病を予防する!」を読んでください)。

  • 食べ物の口移しはしない
  • スプーンなど食器を共有しない

基本的に口の中は唾液の活躍で中性ですが、歯磨きをしないで口内の糖が増えるとそれをエサとするミュータンス菌が増えます。ミュータンス菌は糖を発酵させ、乳酸などの酸を生成すると口内は酸性になり虫歯ができやすくなります。

【虫歯になる3つの条件】

  • ミュータンス菌がいる
  • 口の中が酸性になっている
  • ミュータンス菌のエサの糖がある

 

歯が1本でも生えたらハミガキ

歯の守るエナメル質が弱く柔らかい乳歯は虫歯になりやすいです。「いずれ永久歯が生えるから」と考える人もいますが、乳歯が虫歯でなくなると永久歯の生え方にも悪影響があります。

最初は濡らしたガーゼを指に巻いて歯の表面を拭いとるようにします。違和感で嫌がる赤ちゃんが多いので少しずつ慣らしていくことが大切です。3~4本の歯が生えてきたら歯ブラシを使い始めます。

赤ちゃんがハミガキに慣れたら自分で磨くようにさせます。歯ブラシの突き刺し事故を防ぐために必ず傍に付き添って、手を添えるなどをしましょう。そして自分磨きのあとは仕上げ磨きをします。

仕上げ磨きは歯をキレイにするためのもので、自分でキレイに磨けるようになる10歳くらいまでは行いましょう。

 

歯も『かかりつけ医』を探す

赤ちゃんのうちから歯科医院に通うことで、赤ちゃんは歯医者さんに慣れてむやみに怖がることが無くなります。

定期的に通うことで仕上げ磨きをしても残ってしまう汚れをキレイにとってもらえます。また今までの成長過程をしっている歯医者さんがいることで、歯並びなど気になることを相談することができます。

また子どもの<虫歯予防のための処置は医療費助成の対象となることが多い>です(※子ども医療費助成でできる歯科治療は歯医者さんによって大きく異なる)。

  • 虫歯予防のためのシーラント処置
  • 染めだし液を使ったハミガキ指導
  • フッ素塗布
  • 定期健診(3~6ヶ月に1回)
旦那の甥っこが1歳くらいで虫歯になってしまいサホライド治療をしています乳幼児が虫歯になると大変です。

参考:(株)赤ちゃんとママ社発行の『赤ちゃんとママ』2018年8月号の特集(保育園看護師監修)

スポンサードリンク



0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください