子どものオムツはやっぱりムーニー派の主張

12月下旬に産まれた二子の体重が4キロになり、手足をバタバタと運動量も増えてきました。

枕から抜け出ているときもあり、寝返りを心配して体の脇にロール状にしたバスタオルをおいてガードしています(月齢的にはまだ無理でも“うっかり”がありそうで)。
枕から逃げる新生児
腸や膀胱も成長しているのか、少しずつおしっこやうんちを貯めて出すようになりオムツの交換頻度がやや減ってきました。

そのオムツですが、昨日二子の出産時に買っておいたパンパース(新生児用)がなくなったのでムーニー(新生児用)に変更しました。小さな子どもの魅力はお尻と思っているので、お尻の丸く見せるよう工夫されたムーニーを贔屓にしています。

今回はパンパースとムーニーを比較してみた個人的な意見をまとめてみました。子どもの体格や体質は個人差があるため、あくまでも個人的な意見です。

広告

新生児にパンパースが多い理由

パンパースを使用している産婦人科が多いからです(メーカーも産院にたくさん提供しているようです)。

最初に使ったオムツであること、退院する頃には使い慣れていることもあり、退院後もパンパースを継続使用するママが多いようです。

オムツでかぶれたなどという不都合がない場合、基本的にオムツを換える必要はありません。実際に一子のときはしばらく、Mサイズの途中までパンパースでした。

しかし同じ新生児用のオムツでもサイズや柔らかさが微妙に違ったりします(写真右のムーニーの方がやや大きい)。
オムツ比較(柄と大きさ)
因みに私がムーニーに変えたのは“お尻の丸みが強調できる”と知ったからです。つまり価格や性能ではなかったのです。似たようなレベルでプーさんが好きだからと柄で選ぶママもいるようです。

ムーニーの方が1枚1円安い

Amazonで販売しているパンパースとムーニーの価格を比較してみました。どちらも新生児向け(~5キロ)の物を比較します(’18年1月の価格です)。

パンパースの場合は1枚14円です。ちなみに新生児用にはもう1つ「はじめての肌へのいちばん」と少し割高の1枚19円のシリーズもあります。



一方でムーニーの場合は1枚13円です。ちなみにムーニーにも「ナチュラルムーニー(無添加オーガニックコットン)」と少し割高の1枚21円のシリーズがあります。



1枚1円の差ですが、新生児はそれはもう頻繁にオムツを交換します。我が家の場合、どちらの娘も1週間で約1パック(100枚ほど)使いました。

オムツは意外と重いのでAmazonのようにネット通販が便利です。

Amazonの場合は定期便を選択して5%オフにしたり、4パックセットなどで買うとメーカーのカートン箱のまま配送されて割安など、工夫するとさらに安く購入できます。

ムーニーは柔らかフィット

パンパースからムーニーに切り替えて最初に驚いたのが柔らかさです。
オムツ比較(柔らかさ)
ムーニーはとにかく柔らかいです。写真のように広げるとムーニー(右)はへたっとなります。

足回りのギャザーもムーニーの方が大きくて柔らかい分しっかりフィットする感じがあります(2枚目の写真がムーニー)。
パンパースを装着
ムーニーを装着
おしっこやうんちの吸水性やキャッチ力はどちらも同じと思います(出たら泣いて直ぐ交換のため、パンパースの12時間の吸水力・保持力は宝の持ち腐れ)

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。