咳や鼻水が出る寒暖差アレルギーを改善する方法は〇〇?

― 突然寒くなったから咳が出る ―

こんなことありませんか?「昼は暖かかったのに夜になったらとても冷える」「昨日は暖かかったのに今日は寒い」と言うときに起きます。寒暖差に対する耐性が低い人の場合、5℃以上の寒暖差でも起きると言われています。

寒暖差アレルギーの症状として多いのは咳や鼻水です。何かアレルゲンに反応してのものではないので厳密にはアレルギーではないのですが、アレルギー反応に似ているため広義的にアレルギーと言われています。

今週の埼玉県は昼と夜の気温差、前日との気温差がとても激しい日が続いています。今週初めは小春日和だったのに、今週末は雪が降るとても厳しい寒さだと言われています。喉を傷めやすいので、今週は私も娘たちもマスクを常時携帯しています。

寒暖差は体に疲労も蓄積させます(寒暖差疲労)。寒暖差疲労は「肩こり」や「だるさ」といった症状で現れます。

スポンサードリンク

寒暖差アレルギーは温めることで改善

自律神経の働きにより、血管は暖かいと熱を逃がそうとして拡がり、寒いときは縮めて体を温めようとします。しかしこれは緩やかな変化です。急に冷えても血管は直ぐに縮まらないので、体は寒さの刺激をもろに受けることになります。

寒さや冷たさといった寒冷刺激は喉や鼻の粘膜を傷めます。これが炎症となって咳や鼻水の症状がでます。寒冷刺激を強く受ける人(寒冷耐性の低い人)の場合は蕁麻疹が出たり、呼吸が苦しくなったり、関節の痛みを訴えたりなどの症状がみられます。

マスクで顔を温めて粘膜の温度と湿度を維持

寒暖差アレルギーは喉や鼻の粘膜が寒冷刺激を受けて反応を起こしています。寒暖差アレルギーを改善するにはマスクをして喉や鼻の粘膜を保護するのが有効です。

気温が低い朝や寒い屋外に出るときはマスクをすることで、吐く息がマスク内の適度な温度と湿度を保ってくれます。喉や鼻の粘膜の寒冷刺激がやわらぎ、アレルギー反応が軽減します。

首、手首、足首、3つの首を温めて大動脈を保護

ヒトの体で”首”のつく3つの部位、首・手首・足首を温めることで血管への寒冷刺激がやわらぎ、アレルギー反応が軽減します。この3つの首を温めることで血行もよくなり冷え症の改善もできます。

この3つの首では体表近くで大動脈が流れています。血管は通常熱い筋肉に覆われることで保温されていますが、この3ヶ所に筋肉は少ないため、大動脈はここで気温の影響をもろに受けてしまいます。

子どもが進んで着けるマスクは可愛さが大切

一子はよくマスクは息苦しくて邪魔だと訴えます。幼稚園のママたちに聞くとどこも似たようなものです。直ぐに邪魔だと外してしまう一子が進んで着けるのがマイメロディやキティちゃんが描かれた可愛いマスクです。

可愛いデザインでもちゃんと立体の3Dマスクで、ガーゼではなく不織布で作られています。1~3歳向けのベビー向け、4歳からのキッズ向けがあります。キャラクターデザインのものは比較的価格が高めですが「これで進んでマスクをしっかり着けてくれるなら」と思って利用しています。

同じ意見で、同じマスクを利用する幼稚園ママは多いです。柄は男の子向け、女の子向けで違いますが、幼稚園の園庭では多くの子どもたちが同じデザインのマスクをつけています。

▽近所のドラッグストアだと5枚セットで約500円(お得なボックスタイプを扱う店舗は少ない)


BUFFのネックウォーマーは携帯性が良い

3つの首の中でも特に首が重要です。外出時にはネックウォーマーで首、特に首の後ろ側を温めると良いです。

ネックウォーマーというとふわふわ・モコモコ、折りたたんでもバッグの中で邪魔になります。そのように携帯性の悪いものが多い中でも、BUFFのネックウォーマーは高機能素材を使用しているので折りたたむととてもコンパクト、バンダナ程度の容量です

。石井スポーツのスキーイベントで購入して以来、冬はコートのポケットに入れて常時携帯しています。 10年くらい使っていますが、ちょっと色あせた程度でほつれ・破れはありません。

BUFF(バフ)は1992年にスペインでオートバイレースに出場経験のある創業者が自分のために開発した継目の無い新しいヘッドウェアを原点として1992年にスペインで創業した会社です(1995年から海外進出)。便宜上「ネックウォーマー」と表現しましたが、1枚で10通り以上の使い方ができるため「ヘッドウエア」「多機能アイテム」と表現する方が正確です。日本ではランナー、スキー選手、自転車競技、トライアスロン、山岳ガイドなど、多くのアスリートが愛用しています。

▽頭周り53~62cmの大人用と50~55cmのキッズ用があります(4歳の娘は大人用を使っていますが見た目等に違和感ありません)


寒暖差アレルギーは女性の方が多い

寒暖差アレルギーのメカニズムに自律神経が関係しているため、寒暖差アレルギーは女性の方が多い傾向があります。

自律神経とは、心臓や内臓など自分で意識して動かすことができない組織を動かし、体温の調節、血圧の調整、消化などといった生命維持機能をコントロールしている神経です。

適度な運動で筋肉を増やす

女性は男性に比べて筋肉量が少なく、血管の温度を維持する機能が男性よりも劣ってしまいます。適度な運動をして筋肉量を増やすことで寒暖差アレルギーを改善することができます。

しっかりと体を伸ばすことを意識したストレッチを行うことでも自律神経を整えることができます。ストレッチの時間帯としては、 寝起きのストレッチがとても有効です。

参考:【So-net公式】寝起きに実践したい、自律神経を整えるストレッチ方法3選

質の良い睡眠をとって体を回復させる

自律神経を整えるには、寝つきがよく、途中で目覚めない質の良い睡眠をとって体を回復させることが必要です。この睡眠のためには睡眠促進ホルモン「メラトニン」の分泌が重要です。

メラトニンの分泌を促進するのは神経伝達物質「セロトニン」です。セロトニンは体内に溜めておくことができないので、食べ物から摂取するしかありません。
セロトニンを体内で生成する栄養素は、必須アミノ酸のトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の3つです。バナナはこの3つの栄養素を含む優良な食材です。

自律神経を整える乳製品・大豆製品を食べる

乳製品と大豆製品には自律神経を整えるために必要な必須アミノ酸「トリプトファン」が豊富に含まれています。トリプトファンはセロトニンを生成する材料ですが、トリプトファンは体内で作ることができないため食事で取り入れるしかありません。

ストレスも自律神経を乱れさせる要素の1つです。

牛乳やチーズなどにはストレスを抑えるカルシウムも豊富に含まれているので積極的に摂取するようにします。緑黄色野菜にはストレスから心身から守るアドレナリンの合成に必要なビタミンCが豊富なので、乳製品に合わせて積極的に摂取すると良いです。

スポンサードリンク

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。