夏に流行するウイルス性咽頭炎【ヘルパンギーナ】は手洗いで簡単に防ぐことができる!?

ヘルパンギーナにかかった甥っ子が遊びに来るというので、娘たちにうつらないように(ヘルパンギーナは感染症)予防が必要になりました。

参考:ヘルパンギーナとは|国立感染症研究所公式サイト

ヘルパンギーナ(ウイルス性咽頭炎)は接触感染と飛沫感染でうつります。感染者の9割は抵抗力が低い5歳未満です(1歳未満が最も多い)。抵抗力が低下していると大人でも感染してしまいます。

ヘルパンギーナの感染予防法

  • 石けんを使ってしっかり手を洗う
  • 子どもがよく触れるものは念入りに消毒する
  • 交換したオムツはビニール袋に入れるなど密封して処理する

オムツの処理については約4週間徹底します(排泄物からは長期間ウイルスが排出されるため)。

ヘルパンギーナ感染者は5月頃から増え始め、8月頃にピークを迎え、10月頃にはほとんどいなくなります。埼玉県で急に流行るということはなく、西日本の方から感染が拡がってくる傾向があります。

感染の原因となるウイルスはエンテロウイルス系で、潜伏期間は3~7日です。

もうひとつ夏に流行る手足口病。これも同じエンテロウイルス系で夏に流行る感染症ですが、ヘルパンギーナは高熱と口内炎が特徴。そして口内炎が痛いせいで子どもは経口摂食不良となり、水分不足になる危険があるので要注意です。

ヘルパンギーナの主な症状

  • 咳や鼻水などの前触れなく突然38℃以上の発熱(手足口病の場合は微熱)
  • 1~3日間高熱が続く
  • 口の中に直径2mmほどの水疱性の口内炎(潰瘍)が数十個できる(プール熱の場合は潰瘍ができない)

口内炎が破れてしまうと激しく痛み、子どもは飲食を嫌がるようになってしまいます。

ヘルパンギーナにはワクチンなど特別な治療法はないので、発症した場合は対症療法となります(入院しても治らない)。喉ごしの良いものを少量ずつとって症状が改善するのを待つしかありません。

ヘルパンギーナで注意したいのが脱水症状。発熱による脱水症状はもちろんですが、口の中に発疹(口内炎)があるので「水を飲むときに痛い」と水分をとるのを拒否する子どもが多いからです。ストローを使うと多少痛みが和らぎますが、それも拒否する場合は医療機関で点滴をしてもらうなど対処が必要です。

また、口内炎の痛みが酷い場合も医療機関を受診します。対症療法ですがアセトアミノフェンなどを含む解熱鎮痛剤を処方してもらい、痛みが和らいだ間に飲食するというやり方も多いです。

ヘルパンギーナには、インフルエンザのような登園・登校制限はありません。熱が下がり、口内炎が治まったら登園・登校させても大丈夫です。

しかし、回復後も体内にウイルスは残ります。口からは回復後1~2週間、便からは回復後2~4週間ウイルスが排出されます。このウイルスには十分感染能力があるので、登園・登校時は次のことを徹底し他の子どもにうつさないように注意しましょう(園や学校にはヘルパンギーナにかかったことを必ず告げましょう)。

  • こまめな手洗いやうがい
  • マスクの着用
  • トイレの後の手指の消毒

ウイルス性の病気の場合「1回かかると抗体ができて2度とかからない」という病気もあります。水疱瘡やおたふく風邪がその例です。

しかし、ヘルパンギーナの原因になるエンテロウイルス属のウイルスにはいくつか型があるため、1回感染した型のウイルスならば感染しない確率が高いですが、他の型のウイルスならば感染してヘルパンギーナを発症してしまいます。

参考:横田小児科医院・横田医院長監修「ヘルパンギーナの予防・治療について」(富士フィルム公式サイト)

スポンサードリンク
0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。