半夏生に蛸?日本の風習と米の関係

日本の雑節の1つ、7月2日~7日(七夕)頃にあたる半夏生は雨による災害が多いとされています。2018年も広島を中心とした西日本で大雨が降り、土砂災害などで多くの方が亡くなりました。今回は半夏生についてまとめてみました。

半夏生はタコを食べる日?

「稲がタコの足のように根を伸ばすように」という願いを込めていて、半夏生は“タコを食べる日”といわれているます。もともとは近畿地方の風習でしたが企業戦略により全国区になろうとしています( ゚ 3゚)

タコを食べる云々はさておき、実際に農家の間では『半夏半作』(半夏以降の田植えでは収穫が激減する)という言葉があり半夏生までには田植えを終わらせておくのが昔からの知恵です。

米の収穫量が激減するタイミングなんて不吉=半夏生は”物忌みの日”

  • 毒気のある雨が降るから井戸に蓋をする
  • この日に採った野菜は食べない
  • 地荒神に酒や団子をお供えする

どうやら半夏生は梅雨の明ける頃で、雨による災害も多かったことも影響しているようです。またこの頃降る雨は「半夏雨(半夏水)」ともいわれ、大雨になる傾向もあったようです。

今年の半夏雨の影響は?

北海道で大雨の被害が発生しました。

北海道では7月2日から3日にかけて大雨に見舞われました。原因は日本の北にある低気圧と南にある低気圧(台風によるもの)が前線を押し合い、北海道周辺で長く停滞したためです。

国土交通省は3日、雨竜川(深川市と沼田町)と石狩川(旭川市)が氾濫したと発表しました。北海道は3日に災害対策本部を立ち上げました。

参考:石狩川が氾濫 北海道で大雨、旭川で住宅地が冠水(朝日新聞デジタル 2018年7月3日)

家計への直撃は?

JAや農業改良普及センターは今回の大雨による北海道の被害は2016年に相次いで上陸した台風被害と同じかそれ以上になるという見解を示しています。

・水田の浸水
・野菜などのハウスの浸水
・ソバ、長ネギ、黒大豆などの圃場の浸水

2016年は収穫間近のジャガイモや玉ねぎが被害にあい、ポテトチップスが品薄になりました。今回は米、野菜、ソバ、大豆など収穫への影響が心配されています。

参考:水田のみ込む 北海道各地で大雨被害(YAHOO!ニュース 2018年7月4日)

家計への影響として他にも小麦の輸入量が激減し、小麦粉の値段が7月2日から上がりました(平均1~2%アップ)。それと併せて人件費と物流コストの上昇から各パンメーカーは主力商品を中心に価格を平均4%アップします。

半夏生という珍しい花がある

半夏生の頃に咲くから「半夏生」という珍しい花があります(逆説もあり)。

関東エリアでは神奈川県鎌倉市にある海蔵寺、別名「花の寺」で見ることができます。花の寺では春は雪柳やカイドウ、夏はノウゼンカズラや芙蓉、秋は萩や山茶花、冬は水仙や福寿草が見頃になります。

海蔵寺はJR鎌倉駅西口から徒歩20分ほど、拝観時間は9:30~16:00で拝観料は100円です。拝観時間などは変更する可能性があるので、詳しくは鎌倉市の公式情報を参考にして下さい

広告

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。