生後5ヶ月が目安。赤ちゃんの準備が整ったら始めたい離乳食

生後5ヶ月を過ぎるとよだれの量が増えたり、周りの人の食事に興味をもったりして赤ちゃん自身が離乳食の準備を始めます。離乳食の始めは栄養摂取よりも<食べること>に慣れることが大切です。今回は離乳食の始め方についてまとめてみました。

離乳食を始められる赤ちゃんの様子

離乳食を始めるタイミングは生後5~6ヶ月と言われていますが、月齢に達したからといって赤ちゃんの準備ができたとは限りません。離乳食を始める準備が整ったのか、次の様な赤ちゃんの行動から判断できます。

  • 授乳間隔が整う
  • 指をしゃぶる
  • おもちゃをなめる

そして次のような行動を起こし始めたら離乳食を始められるという赤ちゃんの合図です。

  • よだれ・唾液の量が増えた
  • 支えがあれば座れる
  • 周囲の食事に興味を持つ(見る、手を伸ばす)
  • スプーンを口にあてても嫌がらない

離乳食の回数や量にはこだわらない

離乳食を始めた頃はまだ上手に舌や唇を動かすことができないのでポロポロとこぼれます。イヤイヤをするときもあるので、無理に離乳食の回数や量にこだわらずに焦らずやることが大切です。

まずは重湯かおかゆのみ

離乳食は重湯かおかゆから始めると良いです。米でアレルギーが起きる可能性は低いですが、何かあったらすぐに病院に行けるように平日の昼間に始めると良いです。量も最初は1サジと少なくしましょう。

冷凍可能な電子レンジで作れるお粥

  1. 耐熱容器にごはんと水を入れ、ラップをして電子レンジで約4分加熱
  2. 電子レンジから取りだしたら10分ほど蒸らす(ラップでしっかりフタをする)
  3. すり鉢にご飯を取り出してつぶし、ゆで汁を少しずつ加えて伸ばしていく

すり鉢があると便利

すり鉢を用意しておくとにんじんやほうれん草を柔らかくゆでてすりつぶしたり、しらすをすりつぶすことができます。

離乳食の保存方法

電子レンジでの温めにもつかえる小タッパーがあると便利です。ジップロック(袋)に入れて、板チョコのように菜箸で筋をつけて凍らせると必要量をポキッと折って使うこともできます。

我が家では7ヶ月からのレトルト離乳食を購入し、3~4回分に分けて冷凍庫で保存しています。Seriaのマスキングシールに何が入っているか書いて貼っています。

離乳食は満腹感より慣れを重視

離乳食は量を食べること(満腹にさせること)が目的ではなく、食べることに慣れることが中心です。栄養は今まで通り母乳やミルクからとることになります。

おかゆに慣れてきたら果汁などビタミン類を摂取してみて、その次は肉や魚や豆腐などのタンパク質を食べてみて、そんな具合で慣れさせていきます。

  • 炭水化物…米、食パン、うどん、じゃがいも など
  • タンパク質…豆腐、きなこ、白身魚、しらす(干し)など
  • ビタミン…ほうれん草、かぶ、かぼちゃ、大根、にんじん、トマト、リンゴ、桃、バナナ など

ウンチの状態で食事の質や量を調整

食べ物が合っているか、消化はちゃんとできているかはウンチの状態をチェックします。小麦や桃はアレルギーがあるので注意が必要です(身内にアレルギーの人がいたら要注意!)

下痢のときはりんごやにんじんをすりおろしたものを食べさせてみて、逆に便秘気味のときは麦茶や水など水分をとるようにします(下痢でも水分補給は大切)。

参考:パンフレット(国立総合児童センターこどもの城 管理栄養士監修)

スポンサードリンク



0
アバター

takka

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください