同物同治の考えでホルモンを選んで食べる

「肝臓のためにレバーを食べる」

2年連続で肝臓関係で【再検査】の判定を受けている旦那、もともと好きなのもありここ最近のバーベキューではレバーをよく食べています。
ミニコンロでバーベキュー
(豚のレバーで効果あるのかな)

“病は気から”というので旦那流の治療に文句はいいません。しかし風説的な民間療法、効果はないに等しいとは思っていました。

・・・がっ

実はこの理論は民間療法ではなく、中国の薬膳の『同物同治(どうぶつどうち)』でした。薬膳、つまり栄養学です。健康は日々の食事から、『医食同源』の思想です。

同物同治とは旦那の言う通り肝臓が悪ければレバーを食べるといった、体の不調を治すには調子の悪い部分と同じものを食べると言う考え方です。牛、豚、鶏のどれの内臓でも良いようです。

心臓=ハツ
胃=ミノなど
肝臓=レバー
腎臓=マメ

健康維持のため、中国ではカルビなどの精肉以上に内臓、いわば日本でいう『ホルモン』の方が高値で取引されているようです。一方で日本のホルモンは比較的安値で、ホルモンの語源には大阪弁での「放るもん(=捨てるもの)」であるという説もあります。

「これで肝臓もよくなるだろう」

好物のレバーを大量に食べて満足気な旦那を見ながら、便秘に効くホルモンはないだろうかと思ったのは言うまでもありません。

【了】

広告

0

takka

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。